トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:三国志 Three Kingdomsのエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • 三国志 Three Kingdoms 第64話 「張松、地図を献ず」

    「もし、皇叔が《荊州》の軍を率いて、西へ向かい西蜀を地盤とすれば、数年で覇業はなされて、漢室は復興できますぞ」―[張松 永年]第五部「奸雄終命」第六十四集時代背景:212年(建安17年)[曹操]に侮辱をされた[張松]は、[劉備]側につくことを決めます。[張松]は、[劉備]に《西蜀》を献上したいと願いますが、[劉備]は同族である[劉璋]の領土をだまし取ることなどできないと、これに対して反対します。しかし[ホウ統]から、《漢...

  • 三国志 Three Kingdoms 第63話 「張松、辱めを受ける」

    「《西涼》の[劉璋]は、[劉備]と同じ穴のムジナだ。自分を正統とみなし、わしを相手にしなかった。それがなぜ朝貢に来た?[劉璋]のやつめ、何を考えている?助けてほしのか?騙しに来たのか?」―[曹操 孟徳]第五部「奸雄終命」第六十三集時代背景:211年(建安16年) 『潼関の戦い』[馬超]と[韓遂]との仲は決定的な亀裂をうみ、[曹操]と[韓遂]が通じていると思い込んだ[馬超]は、彼と対立、腕を切り落としてしまいます。そして『馬...

  • 三国志 Three Kingdoms 第62話 「衣を脱ぎ馬超と戦う」

    「[曹操]め! どの面を下げて朝廷などと言う!天子を欺き、我が父を殺したくせに!貴様を生け捕りにして、肉を食らい、皮を寝床としてやる!“曹賊”め! 覚悟しろ!」―[馬超 孟起]第五部「奸雄終命」第六十二集時代背景:211年(建安16年) 『潼関の戦い』父親の無念を晴らすために、[馬超]との全面対決が始まりました。しかしながら『西涼軍』は[曹操]が元より警戒していた通りに、相当な猛攻を仕掛けてきたため、やむを得ず[曹操]は退却...

  • 三国志 Three Kingdoms 第61話 「曹丕に罪を問う」

    「確かに難しい状況ですが、取り乱してはなりません。私が二つの字を授けます。まず一つ目は否、丞相が剣を首に当てても否認し続けるのです。死が迫ってでもです。二つ目は、曹植様が仲間だとしいして、丞相に疑念を抱かせ、判断を鈍らせるのです。」―[司馬懿 仲達]第五部「奸雄終命」第六十一集時代背景:210年(建安14年)~212年(建安17年)順調であるとばかりに、[馬騰]は軍を引き連れて城内に攻め込みますが、攻めこませるこ...

  • 三国志 Three Kingdoms 第60話 「馬騰、都に入る」

    「この[曹操]の詔には奸計が隠されている。やつの狙いは、お前と私の離間による、《西涼》の内乱だ。実際、私を大将軍に任じたが、お前への言及はなく、褒賞も一切ない。なぜだと?これこそ敵の作戦。」―[馬騰 寿成]第五部「奸雄終命」第六十集時代背景:210年(建安14年)~212年(建安17年)[司馬懿]が[曹丕]の賓客になり、後見人となる。その決意を固めた[司馬懿]でしたが、[曹操]も彼は、[曹植]の賓客になることを望んでおり、...

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。