トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

カテゴリ:回顧録・哲学的テーマのエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • 間奏曲21 「旅行とその帰りについて」

    旅行に行くと言う事は良き事です。私もそれにより、魂を浄化されたかのような気分になる事ができ、人生の新たなステップへと向かっていく事ができるかのように思えます。そうした事もあって、私は青森まで旅立つ事ができたのでした。これは私にとっても飛躍の一つであり、人生の中に残す大きなステップとなりえたのです。しかしながらそれは、一種の夢見心地でもあったかのように思えます。全ての土地は私を受け入れてくれました。...

  • 自省録06 「全ての人ありきして」

    明け方から自分に言い聞かせておくと良いでしょう。うるさがたや、恩知らず、横柄な者、裏切り者、やきもち屋や、人付き合いの悪い人に私は出くわす事でしょう。しかしあんがらそうした人々にはやはり欠点があり、彼らは善が何であり、悪が何であるのかを知らないという事。そして善と言うものの本性は美しいものであり、悪と言う者は醜い。しかしながら、悪い事をする者自身も、私自身と同胞であるはずなのです。同じ血を分けてお...

  • 自省録06 「己について」

    克己の精神と確固たる目的を持つと言う事。たとえば様々な場合、病気の場合であったとしても機嫌をよくしているところ、優しいところと厳密なところを上手く混ざり合わせた性質。そのような事を持つ事は可能なのでしょうか。そして目前の義務を苦労に感じてやらないようなことそうした事は可能なのでしょうか。温和であること、そして、熟慮の結果に、一旦決断したようなことは、ゆるぎなく守り通す事。労働を愛していく心と根気良...

  • 自省録05 「全てを行うのはまた難しく」

    私は暇がないという事をしげしげと、必要も無いのに人に言ったり手紙を書いたりと、そして、緊急な用事を口実にして対隣人関係のもつ義務を、絶えず避けるようなこと。それは古代の時代からあったようです。できる事なら、暇が無いという理由で、人を付き離したくはしたいものです。家族への愛、真理への遭い、そして正義への愛。哲学に対して常に変わらない尊敬の念を抱き、親切をほどこすことや、進んで与えること、友人の友情に...

  • 自省録04 「穏やかさとは」

    親切である事、そして友人たちに対する細やかな思いやり。そういったものは、自分が他人にどう見られているか、そのための体裁づくりに思われがちですが、自分自身のためにもなるはずです。自然に従って生きているという外面は、自己を無理な方向へと行かせないでしょう。また、無知な者及び、道理をわきまえぬ者に対しての忍耐は、自分を穏やかにさせてくれます。人を適当にさせるための道、人生に必要な信条を見つけ出して、これ...

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。