トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

2008年09月のエントリー一覧

  • スポンサーサイト

  • アイマスマスターライブ03

    数あるアイマスのアルバムの中でも、 L4Uの新曲や、リミックスが入っているアルバム。 その3枚目。 01、02が、リミックスアルバムなのに対し、これはDo-Daiという新曲が入っている。 この曲に関しては、もうアイマスの曲として定番になっているが、、 あとこのアルバムシリーズはとにかく、ボーナストラックが必聴である。。 Do-Daiは、もうおなじみの曲ですね。 このアルバムは、中間点にある、MY BEST FRIENDと、太陽のジェラシ...

  • ゼノグラシアテーマ曲のカラオケ

    ゼノグラシア熱がまだあるため、テーマソングをカラオケで歌ってみた。もちろん歌うのは、いつもの熱い、『微熱SOS』エンディング導入に印象的なイントロの、(特にインベルへの告白シーン!)『悠久の旅人』とにかくラストシーンの感動と、後半の雰囲気にぴったりな、『残酷よ希望となれ』である。まったく練習をしておらず、2番もろくに知らないまま挑んだが、、『微熱SOS』は、リズム感さえ選べば、十分に歌えそう。『悠久の旅...

  • アートと小説と色々と…

    アートと小説書きと、その他色々と趣味がある私なわけだが、いままではきちんと両立してこれていたわけなのだが、最近どうも忙しくなってきているようだ。だがそれをいたいち言い訳にするつもりもないし、これからも創作活動は続けていくだろう。...

  • 胴丸娘萌え

    日本においては、普遍的な甲冑である。軽装ながらも、防御力もそれなりにあるという事で、かなり多く使われて、日本の甲冑の代名詞的な存在に…。...

  • 腹当娘萌え

    ゼノグラシアの話ばかりしていると、ついてこれない人も多いので、アートの話。今日ピックアップしてみるのは、萌え萌え防具事典にあった、腹当について。これは日本においては一番簡単なタイプの鎧である。形状としては、剣道の胴にも近いものなのだとか。。簡素で防御力は低いが、(それでも鉄板でできている)とても軽いらしいので動きには適している。。。というのが一般論。...

  • ドラマCDで、ゼノグラシアの後日談…?

    ドラマCDのVOl.03は、ゼノグラシアの後日談的な内容となっている。物語のあのあと、どのようになっているのか、多少、というか思いきり知るようになる…。春香、やよい、伊織、律子などについてはもちろん特集されている。何というか相変わらずなのだが、、雪歩、真などについても知ることができるでしょうけれども、こちらは、少し方向性が違うようだが、、ついでに言うと、雪歩の後日談は、ドラマCD Vol.01を聴いていると、なぜか...

  • ドラマCDで、新たなゼノグラシアに迫る

    ゼノグラシア熱がまだあるので、 ドラマCDが、3枚出ているのでチェックしてみた。。 アイマスの方のドラマCDには、かなり本編では見られないもの、 少し内容がぶっ飛んでいるものがありますし、 ゼノグラシアも良いものがあるのではないかと思っていた。。 で、実際、かなりぶっ飛んだ内容のものもあったが、、 意外と、意外な一面を知ることができるようなものもあった。。 特にVol.02は、、出だしから注目! ゼノグラシア本編を...

  • ゼノグラシア春香下書き

    アイマス本編とあまり変わらない春香。ゼノグラシア熱が醒めないので、絵を書き始める事に。...

  • 今だに、残酷よ希望となれ、が脳内再生されて、、

    泣きそうにさえ気分がなる。「トゥ~ルル♪、トゥル~ル♪」が何度も、あのシーンとともに、再生されて、あの最終話の演出は、私にとって相当のツボにはまったようだ。。というか、ゼノグラシア効果、、余韻が全然さめ無い、、クライマックスを見たのは、3日ほど前だっただろうか、、第1話から再び見始めている次第、、ずいぶん平和だったんだな、、と思ったり、まだ、色々な事に戸惑っている春香が愛らしかったり、、これは、この...

  • ゼノグラシア後のアイマスプロ2

    ...

  • アイマスゼノグラシア バトン

    アニメ・バトン(自作)自分の好きなアニメ一作品について、質問に答えてください。ここでは、原作があり、それがアニメ化された作品についてのバトンになります。1.どのアニメについて答えるの?もちろん、「アイドルマスター・ゼノグラシア」で。2.そのアニメの原作は何?アイドル育成シュミレーションの「アイドルマスター」3.どこでアニメ化を知ったの?「アイドルマスター」のゲーム版を知り、インターネット上で、すぐに「ゼ...

  • アイマスゼノグラシア 第26話(最終話)「月とペンギン」 Bパート

    以下、第26話(最終話)Bパートは、私のゼノグラシアのストーリーの中核に対しての解説を入れてみた。あくまで私の勝手な解釈である事を断っておく。春「プロデューサーさん。自分で演じていて何なんですけど、私もクライマックスの意味、分かりませんでしたよ~」エックスP「まあ、安心したまえ。私が、しっかりと解説してあげよう」春「ありがとうございます。助かります~」アウリン前までやってきたところで、話はBパートへア...

  • アイマスゼノグラシア 第26話(最終話)「月とペンギン」 Aパート

    何というか、エピローグ的エピソード、千早たちとの和解なんて、呑気なことを考えていたエックスP、、全然違った!長くなりそうなので、まずはCMまでの、Aパートについて、物語の中核を成している「アウリン」と「アイドル」がテーマになる最終話。何?「アウリン」は最後に出てきただけのもの?主役は「アイドル」だって?違うのでは?と思うのだった。ついでに申し上げると、「アウリン」が無ければ、このゼノグラシアの物語自...

  • アイマスゼノグラシア 第25話 「春の雪」

    前話と並び、ゼノグラシアのベストエピソード。「春の雪」とは何と印象的なタイトルだろうか。激しい破壊が起こる内容と、タイトルの切なさ、このギャップが何とも言えない。そう、これは千早を指している。超人類と化した千早の事。千早さん、完全に超人類に、、2001年宇宙の旅の、主人公的な存在になったようだ。。そう考えると、アイドルって、モノリス。アウリンって木星ですよね、、と、考えると??私が考えている、最後のシ...

  • アイマスゼノグラシア 第24話 「復興歴百八年」

    新年早々大混乱な世界―。私だったら、Part1 Part2とでも、タイトル分けをしてみたい、ゼノグラシアのクライマックスエピソード、その前半。前回、かなりの勢いで、エンディングのようだったが、話はまだ続く。千早、真、雪歩のいる敵組織、トゥリアビータにいよいよ攻撃が開始される。その陽動作戦を開始するのは、あずささん、、??前話、まったく出番がなかったが、今回は、大活躍を、、見せてくれる。。今思えば、いつものよう...

  • アイマスゼノグラシア 第23話 「RUN!」

    ゼノグラシア、クライマックスエピソードスタート!この話から、急速に物語が展開する。。スケールが世界規模になる。。まあ、ロスト・アルテミスの事を考えれば前々からそうだったのだけどな。。まずアイドル同士の激突を、都心で行ってしまうという事態に―、おいおい千早、取り返しのつかない事するでないよー!この時点で、最後に千早達が和解するという、勝手な予想が粉々になってしまいました。。半径8kmが壊滅って、、核...

  • アイマスゼノグラシア 第22話 「鍵とバット」

    モンデンキンド封鎖エピソード。まあ、24とか見ていれば、モンデンキンド閉鎖されて当然ぐらいの事をしているんだけどな、、課長代理、割と正論を言っているようにも思える。が、結局、アイドルを封印したら、ドロップを破壊できないから、駄目なんだけどな。その辺を突っ込んだら、ゼノグラシアらしくならないから、駄目か。。このエピソードで春香復帰。意外な課長の実力などが明らかに―!千早もヤンデレぶり増しすぎですなあ...

  • アイマスゼノグラシア 第21話 「最後の・プリン」

    ひきこもり春香のエピソード。NEETではない。ひきこもりなのだ。。そんな春香はしばらくほったらかされ、このエピソードでは、あずさ、千早姉妹(ゼノグラシア限定だが)について描かれるエピソード。LOSTばりに過去が描かれるわけだ。この二人は、まあ、前々から想像がついていたが、サイボーグみたいなものなんだろう…?ミシュリンクというらしいが、、アイドルマスターゲーム版をやっている時は気がつかなかったが、この二...

  • アイマスゼノグラシア 第20話 「かえりみち」

    春香無理しすぎなエピソード。真美参入でにぎやかになったかとおもいきや、春香、無理しすぎなのバレバレ。それは、やよいを除けば、一番の親友を裏切られ、恋人まで奪われたわけですからね、、あずさ「ウルトゥリウス、使っていれば、どれだけ犠牲が出るか分かっていたはずでしょう…!」課長代理「しかし、うまくいけば一気に戦いを終わらせることができた…」現実的に考えれば、ここの課長代理の発言は正論ではある。まあ、最後に...

  • アイマスゼノグラシア 第19話 「サヨナラ」

    サヨナラというのは、多分、雪歩に対して、なのだろう。。いつのまか、雪歩の持ちアイドルが?できてしまっているが、まあ、空き部屋ができたって事で、、千早もしっかりと、インベル操縦しちゃってるし、、春香はいきなり物語から離脱―。ストーリーは亜美とか、もっと大きい場所で展開が広がっていく―、クライマックスに向かってスケールが広がるエピソード、でもあるでしょう。。今回の見所は、「ウルティルウス」なる、宇宙兵器...

  • アイマスゼノグラシア 第18話 「夜」

    このアニメって、人が死ぬシーン描くんだ、、と思ったエピソード。まあ、ロスト・アルテミスとか考えれば、、うんぬんかんぬん言っていられないけど、、いきなり、亜美大ピンチ。。12歳の娘には刺激が強い、、「やっちゃって♪」ですか、そうですか。亜美救出に向かう、春香と伊織。しかし、そんな前に、真が登場―、「久しぶりだな♪」と、口調が完全に男になっていますよー。そういえば、真の操縦しているアイドル、「ヒュームス...

  • アイマスゼノグラシア 第17話 「迷子の兎」

    黒雪歩始動のエピソード。どうやら雪歩は千早コンプレックスだったようです。いやいや、分かりますよ。私も千早が一番好きですから、、ゼノグラシアではヤンデレですけれどもね、、この話は、なかなかスポットの当たらなかった雪歩の過去も明らかに、、それと、裏切り者って、、あなたでしたか、、善良そうな、メインキャストを裏切り者にできるのは、やはり流石最近のアニメですね。。まあ雪歩も猫被っていそうな感じは、、してい...

  • アイマスゼノグラシア 第16話 「アイドルとアイドル」

    ゼノグラシアの元ネタが、アイドルマスターなるアイドル育成ゲームから来ていることが伺えるエピソード。そんな元ネタを意識したエピソードなのだが、ここからオープニングが変わり、シリアスムードに、いや、かなり格好良くなった。。春香とやよいコンビも久しぶりですね。しかし、芸能活動で、インベルほったらかしの春香。まあ、春香の本職は芸能プロダクションですし。そんなエピソードではあるが、雪歩にかげりも見え始める。...

  • アイマスゼノグラシアが、私の中では素晴らしかったので、、

    アイマスゼノグラシアが、6話辺りから、私にとっては特別なものとなっていたが、本日、家族と一緒に最終話までの4話を一気に見させて頂いた。。なんだか、クライマックスが特に凄かったので、感想を書いてしまっても良いだろうか?まあ、ゼノグラシアにはいろいろとあるだろうが、私は、どうやら先入観を排除した状態で物語を観ることができるらしく、物語自体が素晴らしければ、素晴らしいと思えるようだな。。千早ファンの私と...

  • 私が美希を描くと、、

    こうなるわけだ。まだ完成したわけじゃあないが、もうすぐという所。何?衣装がおかしい?それこそ私のアレンジという奴さ。...

  • 運動しないと皮肉?にならない

    というのは、とかち姉妹の語彙の足らなさからくる、運動しないと血肉にならないという言葉から。本日の彼女たちは、レッスンメインで、Fランクながら、可能な限り、最大規模のオーディションを受けようとしているところだ。...

  • 苦境に飛び込んでこそ、人間は強くなれる。

    苦境に飛び込んでこそ、人間は強くなれる。 という事を信奉したせいで、精神的状態が悪化した経験がある私。 苦境に飛び込むと、強くなるどころか、精神状態が崩壊寸前になってしまうようだ。 何と言うか、苦境に飛び込んでも、人間が強くなれるとは限らない。 成功した、という人が、自分の苦労話をしているせいか、 苦境に飛び込んでそれを乗り越える=成功する という図式を信じている人が多いようでもある。 何と言うか、苦境...

  • マテパと清杉の再来

    ...

  • 休日の過ごし方

    休日の過ごし方っていったい何なのだろうか??私はどうしても、休日であっても、いつもと同じくらいの時間に起きるし、仕事さえしている場合がある。。鉄道旅行に出かけることが、休日の過ごし方と言えば、確かにそうかも知れないが、、はたして何も予定がなければ、一体何をしていくべきなのだろう?...

  • 人間の1日の活動可能なのは最大何時間なのか?

    人間は、はたして、一日、何時間活動できるのだろうか?1日は24時間である。まあ、それ以上は、実際、活動していく事は物理的にできない。さて、24時間中でどのくらい活動できるのか?人間の活動時間、頑張れば24時間できなくもない、、睡眠時間は、平均8時間くらいだそうだが、私は8時間も寝れない(時間が取れないのではなくて、生理的に眠れない)ので、、大体6時間くらいになる。となると、一日18時間は活動できそうだが...

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。