fc2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スイートプリキュア♪ 第23話 「ザザ~ン! 涙は世界で一番ちいさな海ニャ!」

スイートプリキュア♪ #23 (5)

スイートプリキュア♪ 第23話(シリーズ通話364話)
「ザザ~ン! 涙は世界で一番ちいさな海ニャ!」

2011/7/24 現行放送



セイレーンことエレンは、自分が今まで犯してきた罪の事もあって、

響と奏はもとより、ハミィにも心を開くことができず、

プリキュアになる事についても抵抗を感じていました。


さて、この彼女はセイレーンとハミィから未だに言われていますが、

彼女自身はそう呼ばれたくは無いらしく、響と奏はきちんとエレンと呼び分けています。

トリオ・ザ・マイナーは失礼な事をしているんですね。


そんな彼女は今回、父親が医者の仕事で遠くに行ってしまうという、

まもる君と出会います。

遠く離れていても心は通じ合えると、響と奏はプリキュアの鏡のような事を言いますが、

スイートプリキュア♪ #23 (2)

そんな中、エレンはまだ冷めており、

友情の関係など簡単に裏切られると言いのけてしまうのでした。


まもる君との交流を深めるエレンですが、

再び現れたトリオ・ザ・マイナーの3人によってネガトーンが召喚され、

彼女らは戦わなければならない事に。


響と奏による、メロディとリズムは、戦い方こそ様になってきましたが、

今回の戦いは不利。

そこで、新しい友達の危機に、エレンが飛び出していくのでした。

エレンはキュアビートに変身していきます。

スイートプリキュア♪ #23 (3)

やはり、毎回後発のプリキュアはどうしても格好よく見えるものです。

しかもエレンは、ビートを鳴らすワイルド系の子なので、

派手なバンド衣装であるかのよう。

スイートプリキュア♪ #23 (4)

今回は、ビートバリアでトリオ・ザ・マイナーの新技を防ぎ、

ビートソニックという、どこぞのRPGのリミット技のような技を次々に披露。

その強さを見せつけてくれるのでした。


そして夕日に向かって、自分の想いを打ち明ける、

と言いますか、懺悔をするエレン。これでようやく、彼女は響と奏と友達になれたようです。

スイートプリキュア♪ #23 (6)

さて、来週からは、きちんとエレンも主人公として登場してきます。

季節も夏なので、毎年プリキュアの恒例行事となりつつある海回が始まります。



スイートプリキュア♪ Vol.2 (Blu-ray)
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント