トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

遊戯王デュエルモンスターズGX 第7話 「翔の乗り物デッキ」

#007_1

遊戯王デュエルモンスターズGX デュエリストアカデミア編
第7話(シリーズ通話第231話)「翔の乗り物デッキ」
2004/11/17現行放送



夜中の旧寮への侵入がバレてしまい、

デュエルアカデミアの倫理委員会が動き出し、

十代達は処分を受ける事になってしまいます。

どうやらこの学校、査問委員会などあり、校則には結構厳しい。


罰として、タッグデュエルをしてそれに勝たなければならないという、

いかにもな処分を受けた十代。彼は翔とタッグを組むことになりました。

楽しそうな十代とは裏腹に、翔はとても心配そうで、

どうやら彼は、兄にして学校のエリートデュエリスト、

カイザー亮にコンプレックスを抱いているようです。


とりあえず翔のデッキを知るために、デュエルをする二人。


丸藤翔【ビークロイド】 対 遊戯十代【E・HERO】

#007_2

自信なさそうな翔のデッキは、ビークロイド。

可愛らしい機械族モンスター中心なので、

機械族モンスターはサポートカードが豊富なのですが、

彼はいまいちそれを使いこなせていない様子。


そんな中、彼が引いたカードは、機械族の切り札であり、

リスクもあまりに大きなカード「パワー・ボンド」。

しかしそれは、兄の亮から貰ったものの、使用を封印されていたカードなのでした。


代わりに翔は、「融合」を使い、「スチームジャイロイド」を融合召喚するものの、

十代の新たな融合モンスター「E・HERO サンダージャイアント」が登場。

攻撃力が自分よりも低いモンスターを一方的に破壊できるこのカードで、

「スチームジャイロイド」は強制破壊。


「E・HERO バーストレディ」とのダイレクトアタックで、翔は敗北してしまいました。


兄へのコンプレックスを切り離せない翔は、

やはりタッグデュエルなんてできないと言ってしまいます。

翔の兄である、カイザー亮に興味を示す十代。

十代は彼とのデュエルを望むのです。


次回は私の一押し、「サイバー・ドラゴン」の使い手、カイザー亮が登場します。


このエピソードの注目点
“翔のビークロイドデッキ”


#007_3

今回は、最初から登場していたものの、今までデュエルシーンが無かった、

丸藤翔のデュエルが登場します。

そのデッキは可愛らしいビークロイドで、

まあ見た目のとおりそれほど攻撃力は高くなく、

融合によって真価を発揮するというもの。

また、「パワー・ボンド」なども利用できるので、今後も様々な活躍が期待され、

実際多くのカードがOCG化されていますね。



このエピソードのキーカード
「パワーボンド」 -Power Bond-


#007_パワー・ボンド

通常魔法カード

「手札またはフィールド上から、
融合モンスターカードによって決められたモンスターを墓地へ送り、
機械族の融合モンスター1体を融合デッキから特殊召喚する。
このカードによって特殊召喚したモンスターは、
元々の攻撃力分だけ攻撃力がアップする。
発動ターンのエンドフェイズ時、このカードを発動したプレイヤーは
特殊召喚したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを受ける。
(この特殊召喚は融合召喚扱いとする)」



第4シーズン、『CYBANESTIC REVORYUTION』で登場した、機械族の融合モンスター専用。

さらに融合まで可能にします。

攻撃力を2倍にすると、ただ単純に言えば簡単ではありますが、

破格の攻撃力を得ることができます。もちろん代償も非常に大きく、

ダメージが通るとおらずにかかわらず、ゲームエンドになる可能性があります。


このカードは「サイバー・ドラゴン」の融合体が機械族では有名かつ強力なため、

その代名詞とも言えますが、他にも様々な機械族が生きていきます。


1ターンキルも可能な他、そのデメリットを消す、活かすことも可能です。

「リミッター解除」「融合解除」による追撃など、

様々な活かし方も存在します。


原作アニメでは、丸藤兄弟が持ち、特にカイザー亮の、

“サイバー流”の要ともあるカードで、

彼は非常に頻繁に使っています。


デュエルターミナルでは、「リミッター解除」と「サイバー・ツイン・ドラゴン」を併せ、

攻撃力11,200をお手軽に生み出せるほどの、ロマンあふれるカードです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。