トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

銀の旋律、記憶の水音/田村ゆかり

conamiAlbum5th銀の旋律、記憶の水音/田村ゆかり

「あ・れ?
なんでだろう、ひとりでに、あふれだす涙で、
ピント合わせ、見上げたら、ほら、デイジー・ブルー」
―「デイジー・ブルー」

2006年作品 5thアルバム



田村ゆかりさんの2006年のアルバムは4月に発売。

私としてあ、確かこの方のアルバムで、

一番最初に聴いたのがこのアルバムだったように思えます。

いろいろな人物を演じられるゆかりさんですが、

アルバムでは清楚な姿が中心のようです。



収録楽曲

「Overture~bloom~」

ゆかりさんのコーラス入り、とても清楚な感じで、

また、さわやかな印象さえ感じるオープニングです。


「デイジー・ブルー」

メルヘンの世界に迷い込んでしまったかのような、

とても可愛らしく、爽やかな曲です。


「エアシューター」

少しながらスピードテンポにはなりましたが、

愛らしいほどの可愛らしさは相変わらず。


「恋せよ女の子」

ロック調ではありますが、

可愛らしい楽曲で、テンポが良い曲となっています。

テーマはもちろん、恋する女の子です。


「宵待ちの花」

少しムードのある情景的な楽曲になり、

どことなく切ない印象の曲が展開していきます。


「Interlude ~aqua~」

こちらは間奏曲になります。

aquaのタイトルが示す通り、水中にいるかのような、

不思議な情景が展開します。


「Amazing Kiss」

衝撃的な愛を意味するこちらの楽曲は、

まさにそのタイトル通りなのか、アップテンポな曲となっています。


「Black cherry」

後半は、ロックテイストな曲が展開します。

少し大人っぽい、ディスコ曲のようなメロディが展開。


「月のメロディー」

情景的ではありますが、

少しアップテンポで、どこかムードのある曲になっています。


「Cursed Lily」

少しながら、切なくて、ムードがある曲がやってきました。

その歌声は強い意志を歌っているかのようです。


「Interlude ~aria~」

こちらは、教会で流れるような曲となっていて、

神秘的な姿さえ感じられる曲になっています。


「POWDER RAINBOW」

粉状の虹とは変わった曲名ですが、

情景的なムードを歌ってくれる曲になっています。


「Spiritual Garden」

シングルにも収録されていた、

『魔法少女リリカルなのはA's』のエンディングテーマ。

心優しさ、しかしその成長を歌っていくかのような曲です。


「fancy baby doll」

アップテンポな可愛らしい曲で、

ダンスでも踊っているかのような曲となっています。

そしてアルバムはエンディングへ―。


「優しい夜に。」

アルバムのオーラス楽曲は、

心和み落ち着かせてくれるようなものとなっています。

静かに、ゆっくりとしたテンポでアルバムは幕を閉じていきます。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。