トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

PRISON BREAK Season4 第5話 「金庫破り」

4x05_1.jpg

「ラオスのインフレの原因は、市場に大量の偽札が出回っているから。
でも、いったいどうして?
スキュラの番人はエネルギーや物流、そして財務の専門家よ」
―サラ・タンクレディ

-Safe & Sound- 2008/9/22 現行放送



暗殺者、ワイアットに追跡されることになったサラ。

しかしながら彼女は辛くもそれを脱します。

そして、マホーンが追跡中のワイアットこそが、自分の息子を殺害した張本人だと、

マイケル達に明かすのです。

やはり、命を狙われていたと知る一行―。


一方、スキュラの3人目のカードホルダーが、セルフと同じビルで働いている、

財務省の高官グリフィン・オーレンであったため、

次のスキュラのデータ入手は、セルフが近づくということに。

しかし、厳重な電波を遮断する金庫に入れられているスキュラのデータは、

そう簡単には入手できないのでした。


そこでマイケル達は隣の部屋から壁を通して、金庫を破ろうという計画に出ます。

強化された金庫を破るために、化学反応を起こして、

頑丈なドリルで削る計画が始まります。


セルフと知り合いの、オーレンの隣のオフィスの人物を、

彼が外食に誘って、その隙に金庫破りをしようとする彼ら。

ドリルの音は、スクレとベリックが清掃員のふりをして、

大きな掃除機の音でかき消してしまう作戦です。


しかし、金庫がもう少しで破れるというところで、

オーレンのオフィスに、あのバッドマンが登場。

彼は、ラオスでの計画が順調であり、また、オーレンは財務省高官、

マイケルは金庫の中に、スキュラと共に、ラオス・キープの通貨がある事も発見しており、

4x05_2.jpg

ラオスでは、激しいインフレで暴動が起こっていました。

ですがパッドマンに言わせれば、これはただの実験だというのです。


スキュラのコピーは完了したものの、組織の企みがだんだんと判明して来ました。


ティーバッグはゲート社に潜入したまま、

ウィスラーの鳥の本を探っていました。

そろそろ、偽物のコール・ファイファーが迫ってきているというところで、

ティーバッグを探りに来た、スクレとベリックがゲート社に。


しかしながら、コール・ファイファーとしてのティーバッグに惹かれていたのか、

秘書のトリシェンは、知らぬふりをし、

ティーバッグに揺さぶりをかけようとします。

そして彼の元には、いかにもな強面の中国人が現れ、

スキュラをすぐにでも渡すように迫るのです。

4x05_3.jpg

パッドマン達が行ったラオスでの偽札による通貨操作、

そして後に明かされる『プリズン・ブレイク』神話は一見関係が無さそうですが、

混乱をわざと起こして、それを自分達が収拾し、

莫大な利益を得るというものであろうと思います。

更に明かされた謎の言葉、“BARGAIN”。

これが全て繋がるのは、もう少し後になります。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。