トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

スマイルプリキュア! 第48話(最終話) 「光り輝く未来へ! 届け最高のスマイル!!」

スマイルプリキュア! #48 (2)

「今、私達にできることを全部やろう。私達は未来を絶対にあきらめない!」
―星空みゆき

スマイルプリキュア! 第48話(シリーズ通話437話)
「光り輝く未来へ! 届け最高のスマイル!!」

2013/1/27 現行放送


プリキュア達の前に現れた、巨大なブラックホールにも似た存在ピエーロ。

この強大な敵を前にして彼女達は―?

いよいよ最終回が始まるのでした―。


Aパート

スマイルプリキュア! #48 (1)

「世界を絶望で飲み込んでやろう」

という巨大なピエーロ。ここで、今作の再上位技、“ウルトラレインボーバースト”。

を披露するものの、これが全く通用することはなく。

逆に地球を半壊させるほどの破壊力を見せます。

これは、歴代プリキュアラスボスの中でも最強クラスのピエーロ。


さらにそのダメージで、プリキュア達は変身が解除され、

スマイルパクトも破壊され、再度プリキュアに変身できない状態に―。


そして、ミラクルジュエルが反応し、最後の変身ができるそうなのですが、

メルヘンランドとの繋がりが絶たれてしまって、

二度とキャンディ達とは会えなくなるというのです。


Bパート

キャンディ達と二度と会えなくなる。

しかし引き換えに世界が救えるのなら、と決心しようとしますが、

みゆきだけは、キャンディが全ての幸せの発端であったという事を言うのです。


号泣するみゆきたちに対し、

「そうだ、それが絶望だ」

追い打ちをかけるようにピエーロはそう言い放ちますが、

最後に決心をしたのは、キャンディ自身でした。


「私達は、どこへ行っても、ずっと、ずっと友達だよ…」

決心した一行は、最後の変身をし、

“プリキュア・ミラクルレインボーバースト”を披露。

スマイルプリキュア! #48 (3)

超巨大な、地球を守るような姿のフェニックスから放たれる技、

それでもまだ、ピエーロよりもずっと小さい。


そして、誕生したのは、ピエーロを包み込むかのように現れた、

女神のようなハッピーの姿。

スマイルプリキュア! #48 (4)

そしてピエーロは、「絶望を乗り越えるというのか?それは…?」

と意味深い言葉を残して消えていくのです。


しかし、やはり別れの時はやって来ました。

メルヘンランドへと去っていく、キャンディとポップ。

凄絶な戦いと共に別れていった彼女達。


そしてエピローグです。

彼女達の未来とは、それぞれのメンバーの未来が、彼女達自身で語られていきます。

ここで、最終決戦前の決着エピソードの展開の続きが見せていきます。

彼女達は、明るい未来を、自分達自身の決断で手に入れていったのです―。


そして今回はシリーズでは珍しく、エンディングが差し替えられており、

今までの思い出が展開していくようになっています。


またしても、第1話の通学路を疾走するみゆきの姿、

と思ったら、どういうわけか、絵本からキャンディが現れる出来事が。

お星様にお願いしたら、こっちの世界に来れるようになったのだとか。

何はともあれ、皆笑顔でウルトラハッピーです。


このエピソードの注目点
“絶望の果てに得られたもの”


スマイルプリキュア! #48 (5)

私は今まで第2作目『ふたりはプリキュアMaxHert』の最終対決が、

最も劇的なラストだったと思っていましたが、

今作はそれを上回るほどのスケールでした。

戦いというよりも、友情の思いが優先されていましたが、

それでも、一年間親しんできたプリキュア達との別れという意味もあり、

感動的な内容に仕上がっているのは、非常に良く出来ていましたね。

一年間ありがとうございます。

彼女達の伝説はこれからも続いていきますね。


新たなプリキュア伝説の始まり、第10シーズン

『ドキドキ!プリキュア』は2月3日から放送。

スマイルプリキュア! #48 (6)

第1話「地球が大ピンチ! 残された最後のプリキュア!!」

最初からクライマックスなタイトルですね…。


「あなたに届け、マイスイートハート!」

というフレーズとともに始まる新しいプリキュアは、

やはり今作とはどことなく雰囲気が異なります。

4人メンバーが最初から判明しており、キュアソードだけが異世界からの来訪者。


そしてそのキャストが、キュアハート/相田マナが、CV:生天目仁美さんで、

キュアダイヤモンド/菱川立花が、CV:寿美菜子さんです。

さあ、どのような新たな伝説が始まっていくのでしょうか。

今までになき、全員が優等生という設定も注目です。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。