トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「ゴルガリの死者の王、ジャラド」-Jarad, Golgari Lich Lord-

「ゴルガリの死者の王、ジャラド」-Jarad, Golgari Lich Lord-

「ゴルガリの死者の王、ジャラド」-Jarad, Golgari Lich Lord-

マナ:(黒)(黒)(緑)(緑)

2/2

伝説のクリーチャー ― ゾンビ(Zombie) エルフ(Elf)

「ゴルガリの死者の王、ジャラド」は、
あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚につき+1/+1の修整を受ける。

(1)(黒)(緑),他のクリーチャーを1体生け贄に捧げる:
各対戦相手はそれぞれ、生け贄に捧げられたクリーチャーのパワーに等しい点数のライフを失う。

沼(Swamp)1つと森(Forest)1つを生け贄に捧げる:
あなたの墓地にあるゴルガリの死者の王、ジャラドをあなたの手札に戻す。」



都市の世界ラヴニカにおける、ギルド『ゴルガリ団』の新たな指導者、

それが「ジャラド」であり、エルフのゾンビであるという、

従来のファンタジー世界では異端者である、不気味な存在。

この世界は神秘的な種族であるエルフでさえ、ゾンビになるのです。


自身のステータスは大したものではありませんが、

死というものをコストに、強力な能力を発揮します。


ダブルシンボルの色拘束がかなり強く、自身の復活コストも結構かかるので、

しっかりとした、マナ運用をしないと難しいものとなります。

ただ、墓地送りにしたり、墓地のクリーチャーの数だけ、

どんどん強力になっていくのが、このカードの魅力とでもいいましょうか。

クリーチャーを戦場にぞろりと揃えれば、

壊滅的なダメージを対戦相手に与えることも可能です。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。