トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ドキドキ!プリキュア 第2話「ガーン! キュアハートの正体がバレちゃった!!」

ドキドキ!プリキュア #02 (3)

「いくら友達だからって、こんなの信じられるわけないじゃない。
あんたって本当にありえないんだから!」
―菱川六花


ドキドキ!プリキュア 第2話(シリーズ通話439話)
「ガーン! キュアハートの正体がバレちゃった!!」

2013/2/10 現行放送



前回から始まった『ドキドキ!プリキュア』。

前は主人公であるマナが変身したところまででした。

今回はそのまま続いていきます。いよいよ今作のプリキュア伝説が、

本格的に始まろうとします。


Aパート

ドキドキ!プリキュア #02 (1)

そして、始まった戦いは、ジコチューは、キュアソードを人質にとって、

戦っていくという展開に。

しかし気絶していたらしいキュアソードに、タワーの頂上から投げ出され、

空中で展開する今回の戦い。


キュアハートは、タワーから落下していくジコチューに対して、

それが人の邪な心がいわば暴走した存在であることを知り、

何と最初の戦いで、敵を救うために、必殺技、

「あなたに届け! マイスイートハート!」

マイスイートハートで、それを浄化するのでした。


また、本作、どういう原理なのかは分かりませんが、

破壊されたものは戦いの後に修復されるようです。

ドキドキ!プリキュア #02 (2)

助けられたキュアソードですが、仲間というキュアハートに対し、

彼女は仲間でも何でもないと、仲間なんていらないと言うのでした。

どうやら過去に何かあったようですが―。


クラスメイトの元に戻ったマナは、幼馴染の六花に、

早速怪しげな行動を不審がられるのでした。

隠し事ができないらしいマナは、早速プリキュアの事を六花に話してしまいますが、

まるで信じてもらうことができず。


Bパート

きちんと話そうと出直してきたマナですが、プリキュアの事を、

周りに話してならないのは当たり前の如くの伝統です。

妖精シャルル達にそれを止められてしまうマナ。


しかし翌日、信号無視をしようとした遅刻生徒からジコチューが誕生。

その姿はもちろん信号機。

前にもいたタイプの怪人ですが、

信号機型のタイプは、赤い光線を出して、ストップをかけることができる、厄介者。


皆の前で変身する事ができないマナは、一人勇もうとしますが、

一人で立ち向かっていこうとするマナに、六花は共に変身しない状態で、

ジコチューを撃退しようとするものの、

マナは六花の前で堂々と変身を強行してしまうのでした。


マナの言っていたことが本王であり、プリキュアであることを知ってしまう六花。

しかし早速、赤い光線に直撃してストップがかかってしまうキュアハート。

六花はプリキュアでないにもかかわらず、

ジコチューの後ろにあった、ボタン式信号機のボタンを押し、

ストップ状態が解除。


キュアハートは、“マイスートハート”によって、ジコチューを浄化する事に成功するのでした。

そして隠し事も解消して、ようやくわだかまりを解いたマナと六花。

どうやらこの優等生コンビは今までの中でも非常に仲が良いようですね。


このエピソードの注目点
“キュアソードと六花”


ドキドキ!プリキュア #02 (4)

今回のエピソードはかなりボリュームが満点ですが、

プリキュアに変身したマナが、キュアソードと、

そして幼馴染である六花とどう接していくか。

それがテーマのようです。

キュアソードが心をひらいてくれるのはまだ先のようですが、

今回活躍したのは六花。彼女は変身してもいないにも関わらず、

ジコチュー退治に一活躍しました。


また、今回のプリキュアは物語の展開の仕方が今までとは少し違う、

というのもポイントでしょう。1話目から、キーポイントになるキュアソードが登場。

仲間達が、続々と変身していくのかとおもいきや、

2話目でワンクッション置くなど、変化が出て来ました。


次回は、2月17日放送、

ドキドキ!プリキュア #02 (5)

第3話「最高の相棒登場!キュアダイヤモンド!!」です。

そんな活躍を見せた六花ですが、それはもちろん、

彼女がプリキュアに変身をしていくという伏線になるわけです。

その姿はキュアダイヤモンド。

新世代のプリキュアが誕生しようとしています。

声優さんは寿美菜子さんなので、プリキュアをやられるとなると、わくわくしますね。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。