トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「見えざる者、ヴラスカ」-Vraska the Unseen-

「見えざる者、ヴラスカ」-Vraska the Unseen-

「見えざる者、ヴラスカ」-Vraska the Unseen-

マナ:(3)(黒)(緑)

プレインズウォーカー ― ヴラスカ(Vraska)

初期忠誠度 5

[+1]:あなたの次のターンまで、クリーチャー1体が見えざる者、
ヴラスカに戦闘ダメージを与えるたび、そのクリーチャーを破壊する。

[-3]:土地でないパーマネント1つを対象とし、それを破壊する。

[-7]:「このクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、
そのプレイヤーはこのゲームに敗北する。」
を持つ黒の1/1の暗殺者(Assassin)クリーチャー・トークンを3体戦場に出す。



「ヴラスカ」は『ラヴニカ』出身のプレインズ・ウォーカーの女性で種族はゴルゴン。

かつては『ゴルガリ団』に所属をして、

生き方を象徴する死を与えるという、恐ろしい人物でもあります。

やはりその象徴は死にあります。


[+1]能力は、クリーチャーを犠牲にして、忠誠カウンターを減らす、

もしくはあえてダメージを受けて、除去、フィニッシャーを生成するかの、

二択を相手に迫る能力。


[-3]能力は、土地以外なら何でも破壊することができる万能な除去能力で、

どんな相手にも対応することができます。


[-7]能力こそ、このカードの恐ろしい点であり、また魅力です。

プレイヤーを敗北させることができる暗殺者トークンは、

攻撃を通せばそのまま勝ちになりますが、1/1のサイズではあまりにも弱く、

何かしらの対策が必要なのは確かです。


そのマナ・コストは比較的重めであって、能力も直接打撃を与えるわけではないので、

活躍の場は、黒緑のコントロールデッキとなっていくでしょう。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。