トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ドキドキ!プリキュア 第4話「お断りしますわ! 私、プリキュアにはなりません!!」

ドキドキ! プリキュア #04 (1)

「いつかまた道を見失い、人を傷つけてしまうかもしれない―。
そんな私にプリキュアの力は…、危険です…。」
―四葉ありす

ドキドキ!プリキュア 第4話(シリーズ通話441話)
「お断りしますわ! 私、プリキュアにはなりません!!」

2013/2/24 現行放送



行方不明になった妖精ラケルを探していたマナ達は、

彼が、幼馴染のありすに保護されていた事を知ります。

しかしついでにプリキュアの事まで知られていたらしく―。


Aパート

ドキドキ! プリキュア #04 (2)

マナ達がプリキュアに変身していたところを、

防犯カメラの映像で捉えられていたらしいありす。

彼女自身は戦いを望まず、プリキュアのプロデュースをして、

マナ達を支援するというのです。


そんな中、新たなジコチューが出現。執事セバスチャンは、四葉財閥の情報網で、

即座に出現位置を把握できるらしく、高級車でマナ達は直行するのでした。


今回登場したジコチューは、携帯プレイヤー。

音で攻撃をするものの、携帯端末の宿命、バッテリー切れによって力を失い、

簡単にキュアハートによって浄化されてしまうのでした―。


ありすがバックにいてくれれば、何とかうまくやっていけそう。

そう思ったマナ達ですが、ランスはどうしてもありすにプリキュアになってほしい様子。

しかしながら、ありすはそれを頑なに拒んでしまうのでした。

ドキドキ! プリキュア #04 (4)


Bパート

ありすはどうやら、お嬢様であることもあり、

昔はいじめられていた事があったようですが、

友人マナ達が侮辱されると、その怒りを抑え切ることができず、

ドキドキ! プリキュア #04 (3)

その大人しそうな風貌からは予想もつかぬ、とんでもない力を発揮。

どうやら、柔道、空手、合気道、剣道などをしていたらしく、

大柄な上級生ものし上げてしまうほど。


それ故に、彼女は自分を抑えるために、その力を封印。

プリキュアになる事自体を避けようとしていたのでした。

しかし、ランスに、力は守るためにあるものと説得された彼女は―。


一方、街では更にラジカセ型ジコチューが出現。

マナは“ラジカセ”という言葉を知らないらしい…。

今度のジコチューはコードを繋いでいるため、バッテリー切れの心配はなく。

音波攻撃に劣勢のキュアハート達の前に、

颯爽と駆け付けたありす。

ドキドキ! プリキュア #04 (5)

彼女は、守るためのためにプリキュアへと変身を決意するのでした。

ここにキュアロゼッタが誕生しますが、

彼女の必殺技は、“カッチカチのロゼッタウォール!”

防御技ではありますが、防御こそ最大の攻撃と、

ラジカセジコチューを、ノイズキャンセリングで弱体化。

そして、キュアハートが、浄化を行うのでした。


こうして3人目の仲間が揃ったわけですが、

キュアハートはすでにキュアソードに遭遇。

しかも、またしても四葉財閥の情報網によって、

その人物が、どうやら今売り出し中のアイドルで、

マナも顔なじみである剣崎真琴であることを知るのです。


このエピソードの注目点
“キュアロゼッタ登場”

ドキドキ! プリキュア #04 (6)

「ひだまりポカポカ、キュアロゼッタ!
世界を制するのは愛だけです。さあ、あなたも私と愛を育んでくださいな。」

四葉ありす/キュアロゼッタ CV:渕上舞


今作の仲間になった順番では3番目のプリキュアが彼女。

黄色いプリキュアは、あざといと定評がありますが、

お嬢様として色々とやっているところが、あざといのがポイントでしょうか。

しかも、四葉財閥の財力を駆使した様々な設備の数々。

実は怒らせると怪力を発揮するという、新しいタイプの、

あざといヒロインが登場しました―。

声優さんの渕上さんは、最近出てこられた方なので、私も初めてのお方になります。


次回は、3月3日放送、

第5話「うそ! キュアソードってあの子なの??」です。

ドキドキ! プリキュア #04 (7)

いよいよ、キュアソードの正体に対して、マナ達が肉薄していくようですが、

どうやらアイドル稼業で売り出し中の真琴は、

そう簡単には彼女達に協力するつもりはないようです。

果たして、キュアソードが味方になるのは、いつになるのでしょうか。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。