トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

PRISON BREAK Season4 第13話 「裏切りの応酬」

4x13.jpg

「大金を手に入れてタヒチの豪邸に住む。そうでしょ?
薄型テレビにジェットスキー…。でも、やがて気づくの。
自己満足に浸って悦に入っていたのもつかの間、自慢話をする相手もいない。
孤独のまま老いていく。哀れね。それがドン・セルフの人生よ。」
―グレッチェン・モーガン

-Deal or No Deal- 2008/12/1 現行放送



セルフが全てを裏切り、マイケル達を自分達を殺害した事にし、

指名手配犯させるという、極悪な裏切りから始まります。

彼は、どうやらスキュラを売って大金を手に入れたいとのこと。


国土安保障さえも、その裏切りに加担しているのではないかと思った、

マイケル達ですが、セルフの上司スタントンや、

ダロ議員は知ることはなく。

マイケル達は、彼らに助けてもらうことを考えるのですが―、

作戦自体が、秘密裏に行われていたため、議員はその作戦の失敗に、保身に走ってしまうのです。


ダロ議員は、マイケル達に交渉し、

全て明るみに出せるか、全てを闇に葬るかを迫ります。

マイケル達全員の証言があれば、彼らは無罪にできると議員は言うのですが、


マイケルは、サラとスクレ、そしてマホーンを逃し、

自分だけが議員とリンカーンの元へとやって来ます。

議員の部下にして、セルフの上司であったスタントンは、

どうなってもこのままでは、議員の責任が問われると、揺さぶりをかけ、

自分達が、始末をして、作戦をなかった事にしてしまうというのです。

しかしそこには、将軍配下のスパイも潜り込んでおり、

ダロ議員もろとも、その場にいた者達を殺害しようとしてしまいます。

見捨てられなかったらしいスクレは、

その場から、マイケルと議員を救出。


ダロ議員は助かるものの、

彼にはもはやどうすることもできない自体にまで発展してしまったかのように、

思えてのですが、マイケルは、まだ策をはっていたのでした。


一方、裏切り者のセルフは、それを売るために、

ティーバッグから聞きつけた、グレッチェンの家族を脅し、

無理矢理彼女に協力させるのでした。

とことん、こういった事には鼻を聞かせてついていくティーバッグ…。


一方、セルフはグレッチェンの手引きから、

スキュラの買い手に出会うのですが、

スキュラのデバイスのパーツが欠けており、それはマイケルが保険のために、

奪っておいたチップだったのです。


マイケルは、セルフに、チップを取りに来るように迫るのでした。


新たに展開したシーズン4の展開は、まさしくスキュラの争奪戦にあります。

しかし、このスキュラは、何百億もの価値があるブラックリスト、

ではなく、非常に重要なものであるということは、

だんだんと示唆されてきていますね。


やはりこの『PRISON BREAK』は、ただでは終わらないのです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。