トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

208年『南郡の戦い』 中国・三国時代史

『南郡の戦い』

期間:208年(建安13年)冬~209年(建安14年)
場所:南郡・江陵(湖北省)
曹操軍(曹仁、牛金、李通など) 対 劉備・孫権連合軍(周喩、呂蒙、甘寧、凌統など)
戦力:
劉備・孫権連合軍 数千 対 曹操軍 5,000
結果:『孫権・劉備連合軍』の勝利、『孫権勢力』の《南郡》平定、
『劉備勢力』の《荊州南部》平定。


『赤壁の戦い』に繋がって起こった戦であり、

大々的に、『曹操軍』を打ち破った『孫権軍』はそのまま北上し、

《南郡》へと進軍。『曹操軍』の[曹仁]と対峙する事になりました。


『赤壁の戦い』の直後《南郡》へと進軍します。

『孫権軍』の[甘寧]は《夷陵城》を奪取する事を提案。

[甘寧]は、数百程度の歌いで、《夷陵》を包囲して、

[周喩]は[呂蒙]の策を取り入れ、[凌統]の部隊に守りを任せ、

《夷陵》を完全に確保します。


その後、[曹仁]は[周喩]によって包囲されるものの、数十人程度で包囲網に突入してきた、

[牛金]らによって救出され、また[周喩]にも怪我を負わせています。


交戦開始から実に1年が経ち、《江陵》で負傷を利用して攻撃を仕掛けてきた、

[周喩][劉備]らに包囲され、また[関羽]にも道を塞がれ、

[曹仁]は窮地に陥りますが、[李通]によって救出され、

《江陵》を捨てて彼は撤退するのでした。


[曹操]は『赤壁の戦い』の損害があまりにも大きく、全く決定打が出せず、

一度確保した《荊州》の《南郡》以南を全て失ってしまいます。


[周喩]は《江陵》を占拠して《南郡》を平定。

一方で[劉備]達も、《荊州》南部の四郡を手に入れていますが、

これらの出来事が、後に大きな意味を持っているとは。


また、この戦いから、後の時代で活躍する、[呂蒙]、[甘寧]、[凌統]の、

活躍が目立ってくるのも注目点です。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。