トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

PRISON BREAK Season4 第21話 「究極の選択」

4x21_1.jpg

「ひどい母親だと思ってるでしょ? 自分でもそう思うわ。
でも、夫にはちゃんと警告したのよ。私に母親は無理だって!
母親にはなれないって!
彼は私のことをいつもマクベス夫人と呼んだけど、正しかったと思うわ。」
―クリスティーナ・ローズ・スコフィールド

-Rates of Exchange-
2009/5/15 現行放送



母親にリンカーンを、そしてクランツ将軍にサラを、

それぞれ人質に取られてしまったマイケル。

スキュラと引き換えに、どちらかを選んで取引をしなければならないという状況。

果たしてマイケルの選択は―?

最終回2話スペシャルの幕開けです。


マイケルは二人共救出する決意をし、唯一味方になるマホーンも協力します。

クリスティーナと取引するため、港へ呼び出し、

爆発に引っ掛けようとするものの失敗、あからさまな敵対心を見せてしまいます。


そんな中、クリスティーナのスキュラの交渉は遅れにより決裂。

7億5000万ドルをパアにしたところに、マホーンからの連絡。

彼はマイケルと決裂したと見せかけ、クリスティーナに接近。


一方で、マイケルはダミーのスキュラを使い、

クランツ将軍達が手薄になったところを、サラの救出へと向かいます。

4x21_3.jpg

「テディちゃん絶好調!」

なティーバッグから、サラを救出する事に成功します。


マホーンが持ってきていたスキュラもダミー。

しかも爆弾入りであり、彼の方がリンカーンを救うべく、動いていたのでした。

クリスティーナは、マホーンの事はよく知らないという事をついた罠。

果たして―。


セルフは重傷で病院に送られ、FBI捜査官の尋問を受けることに。

しかし、彼が証言しては面倒だと思われたクリスティーナの手の者に、

薬物を注射されてしまいます―。


一方、マイケル達と分かれていたスクレ。

彼は、シカゴの地にいたものの、

逃亡者として不安な日々を送っていました。

しかしそこで再会したのがシーノート。

彼は、スクレに、政府の有力者が自分を助けてくれており、

マイケル達も彼ならば助けられるというのです。


このエピソードの注目点
“マイケルとマホーンの共闘”

4x21_2.jpg

「俺はスキュラをサラと交換する。だからパムを守りたいなら、
あんたは自分のやるべきことをやるんだ。」


マイケルを今、味方することができるのは、マホーンしかいない。

前々までマホーンはマイケルの最大の敵であったのですが、

今では、元FBI捜査官だけあって、非常に有能な存在。

マイケルにとっても、自分と同等の頭脳派だけあり、

この最終回に向かうエピソードでは、いよいよ両者が結託します。

母、クリスティーナは息子の自分の行動は読めても、

よく知らないマホーンの事は読めないだろうというのも、

この二人だからできたことですね。


マイケル達の新しい未来はもうすぐそこに迫ってきています。

果たして―?
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。