トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

PRISON BREAK Season4 第22話(最終話)「決着!」

4x22_1.jpg

「マイケル・スコフィールド、勇気と信念が世界を変える。」

-Killing Your Number-
2009/5/15 現行放送



母クリスティーナの陰謀も、クランツ将軍ら組織の陰謀の全てであった、

スキュラにまつわるあらゆる出来事にマイケル達が、

ついに決着をつけます。いよいよ最終回がやってきました。


マイケルとマホーンの共闘によって、

サラは救出され、ダミーのスキュラによる爆弾で、

クリスティーナに捕らわれていたリンカーンを救出。


混乱の中、スクレとシーノートが、“協力者”を連れ、

マイアミへとやってきます。

彼はもはや完全に将軍の手先になっている、ティーバッグと出会い、

二人して彼を捕えてしまいます。


そしてマイケルの元へと連絡をした“協力者”とは、

何と、死んだと思われていたものの、陰で活躍していたというケラーマン。

彼は国連事務総長にスキュラを渡し、

その代わりマイケル達を自由にするというのです。

4x22_2.jpg

「もう知っていると思うが、スキュラには世界を救える情報が詰まってる。
誇張ではなく世界を変えられるんだ。」


負傷しているリンカーンを救うため、病院へとやってくるものの、

そこでセルフを張っていたFBI捜査官により、マホーンが捕らえられ、

さらに組織の手の者によって、再びマイケル達は捕らえられる事に。


クランツ将軍は、パナマで人質にとっているソフィアの映像を見せ、

スキュラを渡すように迫りますが、

そこへとやってきたのは、ティーバッグから情報を聞いてきた、

スクレとシーノート。


クランツ将軍の手下を倒し、ついに彼に対して優位に立ちますが、

彼をそのままにして見逃し、やってきた警察に今度はスクレが捕らえられてしまいます。


しかし頑なにマイケル達の居所は話さないスクレ達。


スキュラを隠している倉庫に戻ったマイケル達は、

そこで爆弾から生き残った母クリスティーナと対決。

スキュラを取り戻しに来た執念の彼女。

ここでマイケルと対峙するのですが、彼女を撃ったのは、

マイケルではなく、サラなのでした―。

こうして完全にスキュラを自分達のものとしたマイケル達。


ケラーマン、そして国連の人物に出会い、一度は渋ったマイケルですが、

ついに彼らにスキュラを渡すのでした。

そしてケラーマンはマイケル達の免責の書類、

それこそマイケル達がずっと手に入れたかったものを渡し、

サインを記入した彼らはついに、“自由”を本当に手に入れたのです。

4x22_3.jpg

組織はクランツ将軍が逮捕されて力を失い、

母クリスティーナも死亡し、

マイケルはサラと、更に彼らの子と共に新しい人生を歩み始めます。


このエピソードの注目点
“全ての決着と、マイケル達の未来”


4x22_4.jpg

『PRISON BREAK』では、謎を残さず、きちんとこのエピソードで決着がつき、

更にマイケル達の未来も語られる事になりました。


それは4年後―。

中には悲惨な目に遭う人物もいますが。

それはマイケル達を酷い目に遭わせてきた人物達。


セルフは、植物状態のままで、

更にクランツ将軍は、かつてリンカーンがそうやられたように、死刑執行。

当然といえば当然ですが。


「常に、備え、あり…」


ティーバッグは、結局フォックスリバー刑務所に戻され、

脱獄成功者として、刑務所の中だけのヒーローになったようですが、

彼は一番ここが似合っていたのかもしれません。


一方、マイケルの味方達。

マホーンは、元妻とは離婚してしまったものの、同僚のラングと婚約、

一般的な仕事をしているとの事。

シーノートは家族と幸せに過ごし、ファーストフード店の店長に。

スクレは愛しのマリクルースや娘と幸せに生活。


リンカーンは、マイケルとやりたかったという、ダイビングの店を経営し、

ソフィアやLJと一緒に暮らしていました。


しかしながら、彼ら一行が同窓会のように集まってきた、パナマのある地、

そこで対面したのは、マイケルのお墓だったのです。

4x22_5.jpg

実はマイケルの脳腫瘍は完治しなかったらしく、

そのまま決着の数カ月後に死去―。


しかしながら、それでも、彼の意志は受け継がれ、闇の組織を滅ぼし、

多くの人々を救ったのですが。

それは、このエピローグで見せる彼らの幸せそうな表情を見れば明らかです。


そして、この『PRISON BREAK』の本編エピソードは完結しましたが、

特別編『ファイナル・ブレイク』のエピソードが残されていました。

時はさかのぼり、隠された、脱獄の伝説。

それも、愛と友情の物語が描かれるというのです―。

果たして明かされる、マイケルの伝説とは?


しかしこの最後の特別編があったからこそ、

マイケルが死去したという設定にされていたのかもしれません―。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。