トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「怒れる腹音鳴らし」-Borborygmos Enraged-

「怒れる腹音鳴らし」-Borborygmos Enraged-

「怒れる腹音鳴らし」-Borborygmos Enraged-

マナ:(4)(赤)(赤)(緑)(緑)

伝説のクリーチャー - サイクロプス(Cyclops)

7/6

トランプル

「怒れる腹音鳴らしがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、
あなたのライブラリーの一番上から3枚のカードを公開する。
これにより公開された土地カードをすべてあなたの手札に加え、残りをあなたの墓地に置く。

土地カードを1枚捨てる:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。
怒れる腹音鳴らしはそれに3点のダメージを与える。」



『ラヴニカの回帰ブロック』のギルド指導者のサイクルであり、

このサイクロプスは、グルール一族の支配者。

超巨大な怪物の姿は、サイクロプスというよりももはや巨人であり、

『グルール一族』の長らしい姿です。


「赤」と「緑」の色らしく、トランプル能力と、

8マナにも及ぶ、色拘束も強いマナコストが特徴で、

強制的なライブラリー公開能力。しかもそれを土地なら自分の手札に、

残りを自分の墓地に置いてしまうという、

強力な能力を持っており、更に第2の能力によって、

公開された土地がすべて土地なら9点のダメージと、

フィニッシャークラスの能力を持っているのです。


このカードを利用したコンボデッキも開発されているなど、

また、「赤」「緑」『グルール一族』デッキならば、

十分に活躍できるために、デッキに挿しておく分には損はしないでしょう。


『リアニメイト』という、墓地からクリーチャーを特殊召喚する、

そうした方法によって相手のカードを利用する事もできるのです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。