トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ラヴェル:『ハバネラ形式の小品』 -Piece En Forme De Habanera-

新・名曲の世界084

-Piece En Forme De Habanera-
新・名曲の世界84 収録

ジョゼフ=モーリス・ラヴェル -Joseph-Maurice Ravel-作曲


フランス音楽の黄金時代を築いたモーリス・ラヴェルが、スペインをテーマとしたオペラ、

スペインの時の創作の余暇に欠かれたもので、

歌詞のない歌曲となっています。


今ではさまざまな楽器のために編曲がされており、こちらはヴァイオリン用の編曲。

最も完成度の高い編曲と言われています。


スペインに憧れていたというラヴェルが、ハバネラのリズムを愛していたため、

南国的明るさをもった曲に仕上がっています。

穏やかな印象で曲は流れていきますが、

その情緒的な姿が何とも言えません。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。