トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

2013-6-28「だがそこに理由があるのか」

001_20130628231750.jpg

理由というものは、

それを考えるのが難しいことではありますが、

物事の動機として必ず必要なものであり、それがないと道を見失う。

これは明らかです。


道というものは常に理由をもってして、しっかりと進んでいきたいものです。

どことなく最近ではろくな理由も持っていないのに、

そこが自分の進むべき道と無理やり思い込んで、

大量のお金をかけて進んでいってしまう。


これには理由というものが無いように思えます。

意志などがある場合には、

それが高潔であるかのように見えるかもしれませんが、

無謀である場合がほとんどです。


私は常に理由を持ちたいと思っています。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。