トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 02

LIVE THE@TER PERFORMANCE 02

「これからはじまる伝説へ Let's join.
みんなで目撃者になろう。一緒に感動したいよ。
忘れられないこの時を。」
―♪「Legend Girls!!」

2013年作品 LIVE THE@TER PERFORMANCE 2ndアルバム



『シンデレラガールズ』が、一人一人のシンデレラ達ごとにCDを出している、

という事に対し、『ミリオンライブ!』では、

あくまでステージが主体となりますので、

いわゆる一つのユニットが構成され、一人だけ『アイドルマスター』本編から、

先輩リーダーが登場する事になります。

今回は天海春香さんをリーダーとして、

天空橋朋花さん、七尾百合子さん、箱崎星梨花さん、最上静香さんの5人ユニットです。

それぞれのソロ楽曲があるのも特徴です。



収録楽曲

ドラマパート1
「765ライブシアター開幕!」

いよいよ待望の『ミリオンライブ!』シアターが始まりました。

先陣を切ってアナウンスをするは、天海春香さん。

あくまで765プロが主体で動いていくという辺りが、

スピンオフシリーズとしては、新鮮な印象を感じますね。

そういえば、ライブ形式CDは久しぶりで、新参の新しいアイドルが登場し、

春香さんと掛け合うのも面白いものです。


「キラメキ進行形」天海春香(CV:中村繪里子)

似たようなタイトルの曲があったような気がしますが、

こちらは春香さんらしい曲。オープニングらしい曲で、

あくまで春香さんらしいというこうした曲は、何曲目になるでしょうか。

もはや彼女もアイドルの一人として、一人前になってきましたね。


ドラマパート2
「ステージパフォーマンス~天海春香の場合~」

あくまでリーダー役として登場する春香さんですが、

先輩風を吹かせると言うよりも、そのスタイルは相変わらずといった感じです。

そしてこのシリーズでは恒例となるパフォーマンスとは、

くじ引きでテーマを決めるという物。

相変わらずのお菓子作りの話をする彼女に対して、

観客からも反応があるのが特徴です。


「透明なプロローグ」七尾百合子(CV:伊藤美来)

そのタイトルが示すように、透明で幻想的なイメージを持ちつつも、

前向きな印象である点は、やはりミリオンライブのステージらしいと、

言えましょうか。


ドラマパート3
「ステージパフォーマンス~七尾百合子の場合~」

ブックマニア、冒険マニアの百合子さんは、

このステージで次々とその持論を披露。

どうやら彼女は読書感想文を百枚くらい書くタイプのようで―。


「トキメキの音符になって」箱崎星梨花(CV:麻倉もも)

曲としてはわりと店舗の良い曲になっており、

それがトキメキの音符なのでしょうか。

アップテンポながらも歌っている曲調は乙女の姿であって、

言わば、元気で可愛らしくといった姿です。


ドラマパート4
「ステージパフォーマンス~箱崎星梨花の場合~」

純真な乙女の星梨花さんですが、

だんだんとそれは、彼女が高貴な出身であることを匂わせていきます。

しかしモノマネというお題でやってくれた彼女の真似とは―?


「Maria Trap」天宮橋朋花(CV:小岩井ことり)

乙女な曲が続いてきた中で、大人っぽい曲がここで炸裂します。

マリアトラップとは、ハニートラップとかけているのでしょうか。

どことなくセクシーな印象を感じながらも、切な印象のある格好いい曲です。

色々な口調などが混じっているのは、多面性を意識しているのでしょうか。


ドラマパート5
「ステージパフォーマンス~天宮橋朋花の場合~」

曲は格好いいのですが、観客に対して、カワイイ子豚ちゃんたちなど、

色々と問題のある発言を連発する彼女。

そんな彼女が萌え萌えメイドを演じてくれるそうです。


「Precious Grain」最上静香(CV:田所あずさ)

切なる思いを歌い上げるような、疾走感がありつつも、

その想いを歌い上げるかといったような楽曲です。

どことなく切な悲しさを感じられる面がありますね。


ドラマパート6
「ステージパフォーマンス~最上静香~」

14歳という年齡でありながら、

結構真面目系なアイドルである最上静香さんですが、

苦手なダジャレを披露しなければならないことに。

洒落以前に意味不明な事になっている彼女は、


「Legend Girls!!」

最後は、登場したアイドル皆で歌う、感謝の気持も込められた、

エンディングらしい楽曲で幕を閉じていきます。

こういったところがあるのも、『ミリオンライブ!』らしいという点でしょうか。


「ボーナスドラマ「楽屋トーク」」

楽屋での裏話は、もはや『アイドルマスターシリーズ』での公開事項なのか。

珍しく年齡のやりとりがされる事に。

春香は17歳ですが、今回登場した後輩アイドル達は皆、年下らしく―。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。