トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ドキドキ!プリキュア 第27話 「バレちゃった! キュアエースの弱点!」

ドキドキ!プリキュア #27 (2)

「思いの力です。
ジコチューによって危機にさらされている世界を、心から守りたい。
わたくしはその思いで、自らを成長させたのです。」
―円亜久里

ドキドキ!プリキュア 第27話(シリーズ通話464話)
「バレちゃった! キュアエースの弱点!」

2013/7/28 現行放送



キュアエースの活躍がめざましい中、次々と覚醒したプリキュア達。

そんな事もあってか、今話ではいきなりプリキュア達が戦っており、

それを見守るキュアエース。

しかしそんな彼女は厳しいといえるのか?

どことなく変身中は、何かに焦っているようにも見えますが―。

ドキドキ!プリキュア #27 (1)

そしてようやく今回からオープニングが変わりました。

しかし、曲は変わらず、画像差し替えというスタイルですね。

キュアエースが登場するようになりました。


Aパート

キュアエースが導いてくれたおかげで、自分達は強くなることができた。

そのように思うマナ達ですが、ある日、マナ達がお使いで、

“円さん”という人の家に行くと、そこで現れたのは、

キュアエースの正体である、円亜久里なのでした。


亜久里は、どうやら普通の女の子だったようで、

お屋敷でお祖母様と一緒に住むという少女。

しかしプリキュアの事は秘密だというのが定番で、

彼女もキュアエースとは呼んでほしくないとのこと。


ですがマナ達も、ようやく彼女の正体が分かったので、

落ち着くことができるようになるのでした。

ドキドキ!プリキュア #27 (3)

亜久里の実家は茶道に通じているらしく、

野点の席に招待される事になったマナ達。

「プリキュアたるもの、一人前のレディたるべし」

しかしマナや真琴は野点の席は初めてであったらしく、四苦八苦―。

亜久里は、小学生ながら茶道の心得があるようですが、野点は本来、

もっと砕けた場であるらしく、マナ達はからかわれていたのでした。


Bパート


亜久里は、人間側のプリキュアであり、

かつてキングジコチューと戦い敗北。アイちゃんはその時卵に戻ったものの、

最近復帰したとのこと。

また、亜久里が変身すると大人になるのは、想いの力なのだとか。


そんな中、グーラとリーヴァにより、禁止エリアでのバーベキュー型ジコチューが作られ、

今までよりも強力なジコチューが誕生する事になりました。


そして今回は亜久里もキュアエースで、4人のプリキュア達とともに参戦。

しかしやはり彼女の成長変身には、相応の代償がつきものであったらしく、

エースショットは合体ジコチューには通用せず、

ドキドキ!プリキュア #27 (4)


更に焦った戦いの理由は、5分間しか変身していられないという、

制約があったためだったのです。


しかしお祖母様の危機には、亜久里に教えられた力で、

ドキドキ!プリキュア #27 (6)

より強化された、“ラブリーフォースアロー”によってとどめを刺すのでした。


ジコチューを倒し、亜久里と打ち解けたプリキュア達は、

更に先のステージに向かって進み始めます。


そして、エンディングテーマが変わるのでした。

ドキドキ!プリキュア #27 (7)

もちろん、キュアエースの登場しての5人のフルCGアニメーションです。


このエピソードの注目点
“キュアエースの弱点とは?”


ドキドキ!プリキュア #27 (5)

今回スポットが当たるのは、キュアエースこと、円亜久里。

とりあえず小学生ということは判明していましたが、

そうなると、マナ達を指導するのは生意気な印象もあります。

しかしながら、逃げも隠れもしないという彼女。

小学生が無理な背伸びをしているかのような弱点が確かにあり、

それは、5分しか変身をしていられないというものでした。

これはプリキュアとしては結構致命的なものなのですが、

果たしてこの面が、今後、どのようになっていくのでしょうか―?


次回は、8月11日放送、

ドキドキ!プリキュア #27 (8)

第28話「胸がドキドキ! 亜久里の夏休み!」です。

恒例の夏休みの回になります。

再びスポットが当たるのが亜久里。さすがに新キャラクターであり、

前半戦終盤まで出番がありませんでしたからね。

プリキュア達に猛特訓をすると言いながら、

甘い物が大好きな彼女は、その誘惑に釣られてしまうようですが―。


さて、今作、全く休みが無いまま後半に突入したプリキュア。

ここからどう展開していくのでしょう?
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。