トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「寧々/高台院」

『戦国無双』

CV:山崎和可奈
その若々しい外見からは想像できませんが、
[石田三成][加藤清正]ら、[秀吉]の子と呼ばれる人物達にとっては、
“母”という通称で通っているようです。
そしてどういうわけか、役職が忍者だったりします。

『戦国大戦』

可憐で可愛らしいお姫様、そして誰かを支えるという
慈愛の心がどうやら[ねね]の位置づけらしいようです。
[秀吉]との14歳での恋愛結婚からから、
かなり可憐な子で描かれる事が多いようです。

本名:寧々、高台院(高台院湖月心尼)他
通称:北政所

父:[杉原定利] 母:[朝日殿]
兄弟:[木下家定][長生院][杉原くま]
義父:[浅野長勝] 養母:[七曲殿]

夫:[(木下藤吉郎)(羽柴)豊臣秀吉]

所属:羽柴家→豊臣家
生年:1547年(天文16年)
没年:1624年10月17日(寛永元年9月6日)
(享年:歳)
出生:尾張国(岐阜県)


天下人[豊臣秀吉]の妻、正室として知られ、当時では珍しく、

恋愛結婚だったことが有名な女性です。

ただ[秀吉]の妻だったというだけではなく、『羽柴家』『豊臣家』でも、

その地位は確かにあり、影響を及ぼしたことから、

当時の女性としては、非常に影響力が大きかった事が知られています。


●[秀吉]との結婚
1561年8月(14歳)

実母の反対を押し切っての[秀吉]との結婚は有名です。

夫、[木下藤吉郎]がさほど有名な人物でなく、

彼女自身も身分が高かったわけではないため、

自由恋愛が出来たといいます。

夫の立身出世を支えていったと言われていますが、二人の間に子供が出来ず、

[加藤清正][福島正則]らを養子や家臣に迎えて養育していきました。


●《長浜城》へ転居
1574年~1582年(27歳~35歳)

夫、[木下藤吉郎]が[羽柴秀吉]と名前を変え、

『織田家』で頭角を成していく中、城を開けることが多かった、

[秀吉]の代わりに、城主代行のような、重要な役割をしていました。


1582年、『本能寺の変』が起こり、[ねね]も難を逃れて隠れていますが、

[明智光秀]は[秀吉]に討たれ、無事に彼と再会をするのでした。


●《大阪城》での地位
1585年~1598年(38歳~51歳)

戦国時代にも様々な女傑はいましたが、

その中でも最も高い地位に就けたのが[ねね]でした。

[秀吉]が関白になり、天下人の妻として、“北政所”となり、

朝廷との交渉を一手に引き受けるほどのものとなり、

『文禄・慶長の役』でも物資輸送に彼女の許可が入っています。


●[秀吉]の死後
1598年~1614年(51歳~57歳)

栄華を誇った[秀吉]にも死が訪れ『豊臣家』に明確な陰りが見え始めます。

[秀吉]の子である[豊臣秀頼]を、側室の[淀君]と連携して支えて穿いたものの、

『関ヶ原の戦い』で領土縮小や、

《京都新城》への移住などがあり、1603年には[ねね]は、

[秀頼]と[千姫]の婚儀を見届けて、落飾し、

“高台院湖月心尼”などと名乗るようになります。

『大阪の役』によって『豊臣家』は滅びますが、《高台寺》にいた彼女は難を逃れ、

『徳川家』との関係も良好であったので、

そのまま生活しています。

『豊臣家』滅亡後も、『皇居』に贈り物をしていたとのこと。


●その最期
1624年(76~77歳? 83歳)

かつて[ねね]と呼ばれていた[高台院]は、1624年に死去。

かなり長生きだったそうですが、正確な没年は不明です。

結局(名が残る)子はおらず、養子の家系が江戸時代に旗本として続いています。


○その性格など

[秀吉]との恋愛結婚は、この時代の女性としては珍しいことで有名で、

また交友関係の広さで夫を支えた事も知られています。

お陰で『豊臣家』滅亡後も、[徳川秀忠]によって保護されていました。


一方で豪胆な性格出会ったとも言われており、

[ルイス・フロンス]によれば、“女王”とも表現されており、

また、かなりの贈り物を各地にもしています。

[秀吉]の正室の[淀殿]との関係は、色々と言われていますが、

対立関係であったというよりはむしろ、強調、連携関係にあった、

という説もあり、共に『豊臣家』を最期まで支えたのだとか。


ちなみに、《京都》《高台寺》は[ねね]が余生を過ごした場所で、

参道が整備されて“ねね街道”と呼ばれています。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。