トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Yes!プリキュア5 第1話 「希望のプリキュア誕生!」

Yes!プリキュア5 #01_3

「夢見る乙女の底力!受けてみなさい!『プリキュア・ドリームアタック』!!」

Yes!プリキュア5 第1話(シリーズ通話第98話)
「希望のプリキュア誕生!」

2006/2/12 現行放送



毎年、新たな展開を見せていくプリキュアシリーズですが、

この第4シーズンに当たる、『Yes!プリキュア5』による展開は、

『プリキュアシリーズ』の中でも特別大きな革命でした。


あくまで今までは、ふたりのプリキュアのヒロイン達によるお話でしたが、

本作から、ふたりという枠を越え、複数ヒロインの話となり、

何といきなり、5人組の活躍が描かれるように成る、

それまでの視聴者枯らしてみれば、衝撃的なものとなったのです。


オープニング

物語は、前作とはがらりと変わった、ヨーロッパのような町並みが広がる、

サンクルミエールという街。

Yes!プリキュア5 #01_5

遅刻常習犯な上、何をやらせても駄目な主人公、夢原のぞみは、

後に大切な関係となるお兄さんと出会うのでした。

中学生なのにスクールバスを利用して登校するなど、結構現実離れをしているところもあるのですが。


Aパート

のぞみは幼なじみである夏木りんと仲が良いようですが、

彼女に言わせれば、何をやらせても駄目で、

部活もことごとく相手側から拒否されているとのこと。

彼女自身、それにも劣等感を抱いているらしく、やりたい事も特に無いのだとか。

そしてやりたい事探しを求めることになるのですが―。


出会ったばかりの、イケメンなお兄さんの姿を学校で見たのぞみは、

図書館にやってきますが、そこで出会う事になるのが、

光り輝く奇妙な本。そこで出会ったお兄さんは、その本を探していたらしく、

取り合いになってすっ転んだ彼は、小さな妖精に変身をしてしまいます。

正確には変身が解除された模様。


Bパート

Yes!プリキュア5 #01_1

そのお兄さんの正体である妖精はココと名乗りますが、

いきなりそこにやって来たのが、“ナイトメアの連中”という、奇怪な人物。

ドリームコレットを求めているというその、正体がカマキリ型の怪人、ギリンマは、

のぞみ達に襲いかかり、図書館で戦いが展開することに。


ココを守るべくのぞみの前に現れたのは、ピンク色の蝶であり、

のぞみは、プリキュア、キュアドリームに変身。

この状況にココ達は驚くものの、ギリンマは今作の怪物である、“コワイナー”を召喚。


一時は逃げ惑うことになるものの、

シリーズ初めての単独技である『プリキュア・ドリームアタック』によりコワイナーを撃破。


ココに感謝される事になったのぞみは、

彼の夢を叶える事を、やりたい事と決意しますが、

ココ曰く、プリキュアは5人いるとのことです。


さて、この新たなプリキュアの物語はどのように展開していくのでしょうか?




Yes!プリキュア5 #01_2

「大いなる希望の力、キュアドリーム!」

夢原のぞみ/キュアドリーム CV:三瓶由布子


今作プリキュアの主人公。ピンクがイメージカラーの、

可愛らしい、皆が憧れ、頼りにされるという印象が今ではあるようですが、

今までのプリキュアヒロインズからしてみると、

運動も勉強もできず、まだ将来のやりたいことも決めていない。

という、のび太くんタイプなのがポイント。

こういった状況でヒロインが務められるのかと心配にはなりますが、

新しい印象なのがまた良い所。「けって~い」の口癖は、

もはや『プリキュア』ではあまりにも有名になってきましたね。


妖精であるココを演じるのが、イケメン主人公役に定評がある草尾毅さん。

そして最初の敵キャラ、それもかなり噛ませ犬のような役でありながら、

それを演じるのが、パワフルなボイスで定評のある、檜山修之さんです。

しかし草尾毅さんが、まさかプリキュアの妖精役をやることになるとは。


このエピソードの注目点
新世代のプリキュア、新たに誕生


Yes!プリキュア5 #01_4

『ふたりはプリキュア』は三部作で終わるようなことはなく、

装いも新たに、新たなプリキュア物語が展開するものとなりました。

この『Yes!プリキュア5』からは、ふたりだけのヒロインではなく、

複数ヒロインが活躍するという、より世界が広がったものとなりましたね。


また、前作『スプラッシュスター』では、より日常的なものと、

江ノ島を彷彿とさせた舞台と違って、

ヨーロッパのような町並みと、私立大学を舞台として、

全く新しい物語となりました。


本当は、年頃の女の子に身近なところの方が受けがいいとは言いますが、

あえて世界観を異国風にしても問題ないようですね。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。