トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「神託という名の黙示録」 LIGHTNING RETURENS FINAL FANTASY XIII

2013_12_07_LRFF13_2.jpg

第13日(世界最期の日)


永遠にも続くかのような長きライトニングさんの旅も、

いよいよ終着点が見えてくるものとなりました。



よく神と対決することが多いライトニングさんですが、

今回対決することになるのは、創造の神。

紆余曲折あって、世界創造を前にして、

神ではなく人間の世界創造のために挑みます。

2013_12_07_LRFF13_1.jpg

しかしはやはり、これからの世界をつくろうとしている神とだけはあります。

と、そのくらいの言い方で、今までのラスボスでは済んでいたのですが、

今回は、私の想像を遥かに上回る恐ろしさでした。


ブーニベルゼがその名。

ライトニングさんを新世界の女神に迎えるべく、試練を与え続けていましたが、

ここでいよいよ本領発揮します。





第一形態 HP 700,000

XIIIシリーズのボスとしては、もはや当たり前レベルですが、

「死の宣告」をかけてくるのがラスボスらしく、

よもや短期決戦か?と思っていた私が甘かったのです。

主力技は「アルマゲスト」FFVのエクスデスの技ですね。


第二形態 HP 800,000

第一形態で終わりではないのは、ラスボスらしいと言えましょうか。

この形態では、4つの属性の魔法を操り、

「破壊の翼」という強力な技。

そして超強力な「妖星乱舞」を長い詠唱の後に放ってきます。


当初の私は、ここまでの形態だと思っていましたが。

甘かったのです。


第三形態 HP 900,000

まさかの第三形態。アイテムを使いすぎていると、とてもここまで持ちません。

主力技は鎌による連撃。

これは実は、このボスの究極技である、「ハイパーノヴァ」よりも、

ずっと強烈でかわしにくいものなのです。

HPをごっそりと奪われてしまっていくというものなので、

この鎌の攻撃に注意しなければなりません。


第四形態 HP 1,050,000

ラスボス戦で四連戦なんてVI以来かと思わせるほどの連戦。

あの「心ない天使」が、ここまでえげつないものだったとは。

ただ、ガードで防げるので…。


この形態の技は、ガードで防げば損失は少なく、

リジェネガードで十分回復できるため、

精神的動揺による操作ミスさえしなければ、倒れることはない、のですが。


問題は、このラスボス最終形態、

ノックアウトをしないと、2桁のダメージしか与えられないということ。

それでいて、HP100万以上なんで…。


いかにノックアウトをするか?これがテーマになります。

正直、武器アルテマウェポンを手に入れていれば、

第三形態までは十分に倒せるのです。

問題は、最終形態をいかにノックアウトするか?


並大抵の連撃ではノックアウトできないのです。

結局攻略サイトで紹介されていた、上記の方法で、

「スパークブロウ」→「たたかう」

を交互にやり続ければ、しっかりと成長していれば、

ノックアウトすることはできます。

最終形態を一度ノックアウトしてしまえば、もう後は、ラッシュで倒すだけ。


もう、その。

どうしてもラスボスを倒せないという人は、

「スパークブロウ」「たたかう」を連続で入力し続けて、

それで倒してみると良いと思います。


そして、ライトニングさんが、果てしない旅の果てに辿り着いた場所とは―?
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。