トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
by MAGI☆の日記 on 2013/12/15 at 11:59:46

ドキドキ!プリキュアの第44話を見ました。 第44話 ジコチューの罠!マナのいないクリスマス! マナは生徒会長スピーチコンテストに出場することになり、六花やありす、真琴、亜久里と行くのを楽しみにしていたクリスマスパレードへ行けなくなってしまう。 マナがいない間、六花が生徒会長の仕事を手伝うのだが、あまりの大変さに六花がパニックになりそうな時、マナの書いたメッセージが心を...

トラックバック送信先 :
コメント

ドキドキ!プリキュア 第44話 「ジコチューの罠! マナのいないクリスマス!」

ドキドキ!プリキュア #44 (4)

「たとえ側にいなくても、マナはいつでもわたし達を思ってくれている。
そして、わたし達もマナの事を思っている。
だから、わたし達は、離れていても、離れはしない。

だからレジーナ、あなたもいつも、マナの事を考えているんじゃない!?」
―キュアダイヤモンド

ドキドキ!プリキュア 第44話(シリーズ通話481話)
「ジコチューの罠! マナのいないクリスマス!」

2013/12/15 現行放送



クリスマスが楽しみだというマナ。

どうやら彼女は、その昔はサンタクロースになりたかったという夢があるらしく、

クリスマスパレードを楽しみにしていたのでした。

ドキドキ!プリキュア #44 (1)

そんな中、奇怪な様相の二人組が、マナに生徒会長スピーチコンテスト、

というコンテストを知らせに来るのでした。

キング・オブ・生徒会長に、ぜひ自分がならなくては、と意気込むマナ。


Aパート


しかし、その生徒会長コンテストが、見事にクリスマスパレードの時間にかぶっていたため、

出場は無理かと思われたものの、六花達の後押しで、

コンテストに参加する決意をするのでした。


マナがいないとなると、冬休みの生徒会が忙しくなる、

とのことですが、これからいつまでもずっとマナといられるわけじゃあない、

事を達観したようにしっている六花はそれを受け入れます。


お互い、頑張る事にした、マナと六花ですが、

真琴が手伝っても、仕事がかなり忙しいとのこと。


そして、肝心な生徒会長スピーチコンテストは、当然のように、

レジーナ達の罠なのでした。


ドキドキ!プリキュア #44 (2)

扇子の留め金理論で、マナさえいなくなれば、プリキュアには楽勝と、

そう判断され、

マナだけ檻に閉じ込められた孤立になってしまいます。


生徒会は忙しい状態なものの、書類には、“マナ・メモ”の姿が。

六花のために色々と用意をしてくれたのでした。


Bパート


しかし、マナがいないところを狙おうとするジコチュー達。

クリスマスパレードにやってきた一行の中、

どうしてもマナのことばかり考えてしまう六花。 

「こんな時、マナがいたなら…」と。


レジーナは、そんなマナがいない一行の元に、

クリスマスツリー型ジコチューを誕生させ、襲いかからせます。

マナがいない状況なので、今回、4人での変身となりました。

いつもはキュアハートが大体士気を上げていますが、

今回はキュアダイヤモンド。


しかし、今まで彼女が先頭を切ることは、なかなかありませんでしたね。


ドキドキ!プリキュア #44 (3)

壊れた扇子理論で攻める事にしたレジーナの言葉で、

マナが閉じ込められている事を知るダイヤモンド達。


キュアハートさえいなければ楽勝と、そう判断されていたプリキュア達でしたが、

実は結構強くなっていたプリキュア達は、ジコチュー達を押し、

マナに対しての愛を語るキュアダイヤモンド。


レジーナに、あなたもマナの事が好きなんでしょ?と詰め寄ったダイヤモンドは、

「あたしだってマナが好き!」

という言葉を聞き出す事になるのです。


そこへ駆けつけたキュアハート。

マナの事を愛しているのかどうかと詰め寄られたレジーナは、

たまらずそれをはねのけて、ジコチューを襲いかからせますが、

これは結局、ロイヤルラブリーストレートフラッシュにより浄化。


わたし達は今でも友達、という言葉をレジーナに贈り、

再び彼女の心を揺さぶることをするのですが、パパの事が好きなまま、

つまりキングジコチューはひとりぼっちだと言い、再び去っていくのでした。


そして気になる、キュアハートを檻から救ったのは、

しばらく出番のなかった、あのお兄さん。


このエピソードの注目点
“愛=理解とは?”


ドキドキ!プリキュア #44 (5)

今回、マナが閉じ込められてしまったお陰で、

皆が彼女のことをどれだけ想っているか、が描かれる事になりました。

本人のいないところだからこそ、言えることができるものがある。

と言えるものでしょう。

マナに頼ってばかりなところもある面々でしたが、

結局は、六花も、レジーナもマナの事が好きなんだと、

そういうことを打ち明けることになりましたね。


次回は、12月22日放送、

ドキドキ!プリキュア #44 (6)

第45話「宿命の対決 エース VS レジーナ」です。

タイトルからして、かなり佳境なエピソードになりそうですし、

すでに物語も45話とかなり来ていますからね。

キュアエースとレジーナの対決がどうなるかも確かに気になりますが、

プリキュア三種の神器の最後であるという、

エターナルゴールデンクラウンがどのような役割を示すのか。

これも気になるところです。
スポンサーサイト
トラックバック
by MAGI☆の日記 on 2013/12/15 at 11:59:46

ドキドキ!プリキュアの第44話を見ました。 第44話 ジコチューの罠!マナのいないクリスマス! マナは生徒会長スピーチコンテストに出場することになり、六花やありす、真琴、亜久里と行くのを楽しみにしていたクリスマスパレードへ行けなくなってしまう。 マナがいない間、六花が生徒会長の仕事を手伝うのだが、あまりの大変さに六花がパニックになりそうな時、マナの書いたメッセージが心を...

トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。