トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

215年『陽平関の戦い』 中国・三国時代史

『陽平関の戦い』

期間:215年(建安19年)
場所:漢中・陽平関
『張魯軍』対『曹操軍』
[張魯][張衛][董昭]他 対 [曹操][夏侯惇][許褚]他
戦力:? 対 ?
結果:[曹操]の《漢中》制覇


○[曹操]の威信回復

『赤壁の戦い』で大敗をしてしまった[曹操]ですが、

彼は『潼関の戦い』によって、西方を攻略して威信を回復し、

そして、次に彼が狙うことになったのが《漢中》でした。

ここは、『蜀』への足がかりとなる地であり、

同時期に、[劉備]が《成都》に無血開城をしており、

再び[曹操]が[劉備][孫権」]に近づくための足がかりとなる地でもありました。


●《漢中》の占領

元々天然の要害でもあり、また、[劉邦]ゆかりの地でもある『漢』であり、

《漢中》は、戦略的な要地でもありました。

そして、《陽平関》は難攻不落の地であり、

『曹操軍』は侵略をするも、足止めを余儀なくされていました。


一方で、この地の守護であり、後の三国以外唯一残っていた勢力の、

[張魯]は元々戦うことをためらっていたものの、

弟である[張衛]が、強行的な判断をしたことによって、

出兵してしまうことに。


『曹操軍』は形勢不利と見て撤退を開始したものの、

[曹操]が撤退したものとして油断していた[張衛]の軍は、

夜襲と大規模な攻撃で大いに大敗させ、

[曹操]は夜襲を成功させました。


この時、『曹操軍』は、大量の弩をもってして、敵陣を攻撃したと、

そう言われています。


●《漢中》のその後

一方、《陽平関》が落とされたと知った[張魯]は、そのまま敗走を決めましたが、

自分達の兵糧や宝物は倉に入れたまま手にかけず、

無傷で残したと言われています。

そのため、[曹操]は後に降伏した[張魯]を不遇な扱いとせず、

“鎮南将軍”に任じるのでした。


[曹操]は《漢中》を治める事となり、以後、[劉備]らと、

この土地を巡って争いを繰り広げるのです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。