トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「鍛冶の神、パーフォロス」-Purphoros, God of the Forge-

「鍛冶の神、パーフォロス」-Purphoros, God of the Forge-

「鍛冶の神、パーフォロス」-Purphoros, God of the Forge-

マナ:(3)(赤)

伝説のクリーチャーエンチャント-神(God)

6/5

破壊不能
「あなたの赤への信心が5未満であるかぎり、鍛冶の神、パーフォロスはクリーチャーではない。(あなたの赤への信心は、あなたがコントロールするパーマネントのマナ・コストに含まれる(赤)の数に等しい。)
他のクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、鍛冶の神、パーフォロスは各対戦相手にそれぞれ2点のダメージを与える。
(2)(赤):あなたがコントロールするクリーチャーはターン終了時まで+1/+0の修整を受ける。」


『テーロス』に登場した、神を名乗ることができるカード。

赤の神は、鍛冶の神である「パーフォロス」。クリーチャーが戦場に出ることを、

誘発条件にする対本体火力能力を持っており、

またクリーチャーのパワーをアップさせる能力も持ちます。


この両者の能力は、クリーチャーを展開していくための戦略にかなっており、

ビートダウンを狙った戦法や、大量のトークンを生み出す、

といった能力で有効打を出すことができるでしょう。


この神自身をクリーチャーとして展開していくためには、

“信心”を集めるという必要がありますが、

色拘束が比較的、他の色の神とゆるいことが考えられます。

なので、意識していないと、このクリーチャーの運用のための、

“信心”は集まりません。


全体エンチャントとして考えた運用の方が、現実的といえるかもしれません。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。