トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「幻獣機ブルーインパラス」-Mecha Phantom Beast Blue Impala-

「幻獣機ブルーインパラス」-Mecha Phantom Beast Blue Impala-

「幻獣機ブルーインパラス」-Mecha Phantom Beast Blue Impala-

Lv.3/風属性/機械族・効果・チューナー

ATK 1400/DEF 1100

「このカードをシンクロ素材とする場合、
機械族モンスターのシンクロ召喚にしか使用できず、
他のシンクロ素材モンスターは自分の手札・フィールド上の
「幻獣機」と名のついたモンスターでなければならない。
自分フィールド上にトークンが存在する限り、
このカードは戦闘及び効果では破壊されない。
また、相手フィールド上にモンスターが存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
墓地のこのカードをゲームから除外して発動できる。
「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)1体を特殊召喚する。」



『第8シーズン』『LORD OF THE TACHYON GALAXY』から登場した、

「幻獣機トークン」という、言わば、オプション機を出すことができる、

幻獣や、戦闘機がモチーフになっている機械族。

「幻獣機トークン」を使うために、今までの機械族とは一味違うのが魅力です。


『JUDGMENT OF THE LIGHT』で登場したこちらは、『幻獣機』特有の、

耐性に関しての永続効果を持っていることに加えて、手札をシンクロ召喚できる、

という特性がありますが、『幻獣機』のシンクロ召喚にしか使えない。

という制約も持っています。つまり機械族専用のチューナーであって、

特殊なシンクロ素材の使用法を持っており、

一気にシンクロ召喚をすることが目的になります。


現在、そのままの状態のこのカードをシンクロ素材にできる、

レベル6のシンクロモンスターが国内に存在せず、

「幻獣機トークン」を利用していかないといけないものとなっています。


デザインのモチーフは、『幻獣機』では珍しく航空自衛隊の曲芸飛行隊、

ブルーインパルスから。

それは機体の名前ではなくチーム名であるから、
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。