トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

Yes!プリキュア5 第8話 「相性最悪?りんとかれん」

Yes! プリキュア5 #08 (2)

「何でも何も。前から思ってたけれども、
水無月先輩とはどうも『気が合わない』のよね。」
―夏木りん
「『気が合わない』とかそういうことじゃないくて、
夏木さんみたいな『タイプ』には、きちんと言っておかなきゃあ駄目なのよ」
―水無月かれん

Yes!プリキュア5 第8話(シリーズ通話第153話)
「相性最悪?りんとかれん」

2007/3/25 現行放送


プリキュアの面々が揃い、ナッツも解放し、目的も明確になったものの、

本作からのプリキュアはあくまでも5人。

二人だけでは済まない人間関係があるのです。

家が花屋をやっているりんは、“ナッツハウス”にチューリップを置こうとするものの、

青い花の方がいいと持ってきた、かれんと対立。

二人の属性は火と水なので、そういった意味もあるのでしょうか。

Yes! プリキュア5 #08 (1)


その後も、茶菓子にあうお茶などで対立してしまう二人。

一方、敵勢力ナイトメアでは、女首領であるデスパライアが初登場。

ブンビーさんは末端でしかないような扱いです。

デスパライアの目的は、永遠の命と分かりやすいものでした。


りんとかれんが言い争いをすると場の空気が気まずくなってしまい、

やはり二人とも、意地になっている言い分があるようです。

5人の中で二人が対立したままでは、

プリキュアのチームが成り立たない、と、

のぞみ達は何か共通点があれば、と考えこむのでした。


そんな中、ナイトメアのアラクネアが、のぞみ、うらら、こまちを襲撃。

プリキュアに変身しても、戦えるのは三人。

アラクネアはキュアドリーム達を捕らえ、ココはこれを知らせに、

りんとかれんの元へ。

Yes! プリキュア5 #08 (4)

対立しっぱなしの二人は、のぞみ達がさらわれた下水道へと乗り込みます。

また下水道の異様に広い広間で、アラクネアと対決する、

りんとかれん。

Yes! プリキュア5 #08 (5)

プリキュアに変身しても、衝突してばかりの二人は、

意外と息が合っていながら、共通点が意地っ張りということを見せつけ、

その本来のコンビネーションを発揮、

キュアドリーム達を救い出し、アラクネアとコワイナーを撃退するのでした。


そしてのぞみに、負けず嫌いという共通点を見つけられる彼女達ー。


このエピソードの注目点
“火と水なりんとかれん”


Yes! プリキュア5 #08 (3)

今作からはプリキュアが二人ではないので、

人間関係もより複雑になるのが実際。

特にプリキュアのメンバーは個性いっぱいですから、

また何かと対立も起きてしまいます。

その感性の違いの代表例とも言われているのがりんとかれん。

まさしく火と水で。りんが庶民的で、かれんがお嬢様、

そして何より二人共譲歩しない性格からか、対立してしまうようです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。