トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

三国志 Three Kingdoms 第50話 「長沙の戦い」

#050_1 (4)

「武芸は優れ、忠義と勇気は秀逸。
その雄姿は[関羽]も敬服し、称賛しております。
さらに弓の腕前は百発百中。[張飛]と[子竜]も驚嘆しております。
そなたは《長沙》の象徴というだけではなく、
そなたのような英雄こそ、国家に必要なのです。」
―[劉備 玄徳]


第四部「荊州争奪」第五十集

時代背景:209年(建安13年)『荊州・長沙の戦い』


《荊州》の地を次々と自分の勢力下に収める[劉備]。

次に彼らが目指したのは、《長沙》であり、そこには老齢ながら猛将と言われる、

[黄忠]が配下にいるという地でした。


[関羽]の前に現れたのは、《長沙》の太守である[韓玄]と、[黄忠]でした。

[関羽]と一騎打ちで対決することになる[黄忠]。

ご老体とは戦えないという[関羽]ですが、相手の実力を認めたのか、

一騎打ちで戦い、互角の勝負をしてみせます。


しかし一騎打ちでは決着がつかないと判断した[関羽]は、

[黄忠]を罠にかけて陥れるのですが、実力を見せつけただけで、

討ち取るまではしないのです。


[韓玄]は、家臣の忠言で、実は[黄忠]が[関羽]と内通しているのではないか、

と疑うようになりました。


翌日、再び[関羽]と一騎打ちをすることになる[黄忠]。

しかし百発百中のはずの矢をわざとはずした[黄忠]は、

手を抜き[関羽]に従っているのではないかと疑った[韓玄]に、

斬首を申し付けられるのです。


いざ処刑という段階で現れたのが[魏延]で、彼は堂々と[黄忠]を助け、

[韓玄]が太守など民のためにならないと言い放ち、

彼は謀反ともなる蜂起をして、自ら[韓玄]を斬り、

[劉備]に降伏をするように言うのです。


しかしこれは、主を裏切って領地をさらすという行為であり、

[黄忠]には気に入られないのです。

[劉備]らが入城してきたものの、それを気に入らない[黄忠]は、

病を理由に顔を見せることはせず。

自ら[黄忠]の元へと顔を見せるのです。

#050_1 (5)

最初は[劉備]のことを気に入らなかった[黄忠]ですが、

茶を飲みながら話し合う内に、

元主君の[韓玄]を手厚く葬ってくれるというので、彼も[劉備]に協力することに。


一方で謀反を起こした[魏延]は、

主君を裏切ったということに[諸葛亮]の反感を遭い、斬るように言われますが、

[劉備]は、他の将兵が恐怖をするからと[魏延]を許します。

ここでの話は、本当に後々に関わってくる事ですね。


その頃、[劉備]の同族である[劉琦]が危篤状態に陥り、

[劉備]の到着を待たずして死去。

[劉琦]の死に悲しむ[劉備]ですが、

それは同時に《荊州》の主がいなくなったことを意味していました。

[周瑜]らが《荊州》を取り戻しに来る事は明らかであり、

『呉』にそこを明け渡さなければならないと[劉備]は言います。


[関羽]と[張飛]は[周瑜]など敵ではないと言い張るものの、

筋が通らない事、[諸葛亮]曰く良くて共倒れになるだろうと判断されます。

[劉琦]の死は隠さず、[周瑜]らに伝え、様子を伺うという判断になります。


その頃、『合肥の戦い』に大敗したと語られる[孫権]。

(実際のところこの話は、2年後の事ですが。『合肥の戦い』は何度もあったので)

#050_1 (6)

[孫権]は[劉琦]が死去したことを[魯粛]から知らされ、

自分たちに風が向いてきた事を感じます。



このエピソードの注目点

#050_1 (2)

「[黄忠]と[魏延]の『劉備軍』への降伏」


破竹とばかりの勢いで、《荊州》の各地を攻め取っていく『劉備軍』。

しかしこれは、相手にとっては侵略行為とも、

取られてもしかたがないことです。

悪政をしいていた[韓玄]を滅ぼし、善政を敷くようにした、

という[劉備]ですが、実際は[韓玄]は悪事をしていたという話はあるとかないとか。


また、この地には後の『劉備軍』で重要な役割を果たす、

[黄忠][魏延]といった武将達がおり、

《荊州》各所を攻め落としていく[劉備]達にとっても、

重要な出会いが待っているのでした。


注目の人物

#050_1 (3)

[黄忠 漢升]
吹替:麦人

?年~220年(建安25年)


後の『蜀』の五虎将軍になる将軍の一人。

この頃はまだ、《荊州》の将軍ではありましたが、

老齢で盛ん将軍として、名をよく知られていました。

彼が五虎大将と慣れたのは、『曹操軍』の第二の実力者であった[夏侯淵]を討ち取った、

という功績が大きいらしいのです。

かなり年齢を重ねていたかどうかは、不明瞭なところがありますが、

『蜀』において武勇ある活躍をした人物であることは確かなようです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。