トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「長宗我部元親」日本・戦国時代史

『戦国無双』
長宗我部元親_無双
CV:置鮎龍太郎
さながら戦国時代のGackt。
三味線の音波で戦うのは、“蝙蝠”の俗称から。
さらに反骨の精神を持ち、
『信長政権』『豊臣政権』の時代に贖おうともします。
『戦国無双2猛将伝』から登場。

『戦国大戦』
長宗我部元親_戦国大戦
姫若子時代の[元親]なのか、こんなビジュアルも。
また、成長した後は、四国の覇者のような風格の、
ビジュアル系武将のカードもあります。

本名:弥三郎(幼名)→長宗我部元親、雪蹊恕三(法名)
別名:通称:土佐侍従
渾名:姫若子、鬼若子、土佐の出来人
所属:長宗我部氏→豊臣氏(秀吉→秀頼)
1539年(天文8年)~1599年7月11日(慶長4年5月19日)
出生:土佐国(現:高知県)


<血縁関係>
父:[長宗我部国親] 母:斎藤氏娘[祥鳳玄陽]

兄弟:[吉良親貞][香宗我部親泰][島親益]
姉妹:[本山茂辰室][池頼和室][波川清宗室]

妻:正室[元親夫人] 側室:[小少将]

子:[長宗我部信親][香川親和][津野親忠][長宗我部盛親][右近大夫][康豊]
女子:[一条内政室][吉良親実室][佐竹親直室][吉松十左衛門室]


《土佐国》で生まれ、最終的に《四国》全土を統一する事になる、

通称“土佐の出来人”。

『長宗我部氏』では21代目の当主となります。

《四国》での活躍は英雄的なものがありましたが、

『豊臣政権』配下では戦で息子を失うなど、不遇な時代が続きました。


●出生~家督相続
1539年~1560年(誕生~21歳)

《土佐・岡豊城》で生まれた彼は、父親である、[長宗我部国親]の戦に、

弟と共に初陣をするのでした。

この『長浜の戦い』で、今までは大人しい、姫若子とまで言われていた、

[元親]は、自ら槍を持って突撃するという武勇を見せ、

大きな戦果を挙げるのでした。

そしてこの歳、父の[国親]が急死し、家督を相続する事になるのでした。


●《土佐国》の統一
1560年~1575年(21歳~36歳)

[元親]は“一領具足”という当時としては斬新な、農民徴兵制で、

勢力拡大を起こしていくことになるのでした。

《土佐国》で大きな影響力を増していくことになり、

『毛利氏の伊予出兵』によって勢力が激減していた、[一条兼定]を狙い、

『一条家』の内紛に介入して《土佐国》をほぼ制圧することになっていました。


1575年、[一条兼定]や諸勢力が再起をはかって《土佐国》に攻め込んできますが、

『四万十川の戦い』で[長宗我部元親]はこれを撃退し、

《土佐国》を完全に統一するのでした。


●《阿波》《讃岐》《伊予》への侵攻
1575年~1580年(36歳~41歳)

《土佐》を統一した後、[織田信長]と正室の縁戚関係から同盟を結び、

《四国》の残りの地域へと侵攻をしていくことになります。

当初は、[十河存保]や『三好氏』の残党の抵抗などがあり、

思うようには進まなかったものの、


《阿波》では『十河軍』に大勝、《讃岐》では『羽床氏』を降伏させ、

この両国はほぼ制圧されました。

残る《伊予》の『河野氏』は『毛利氏』の援軍もあって、

最後まで抵抗を続けてきました。


●『織田信長』との対立
1580年~1582年(41歳~43歳)

[織田信長]はこの[元親]の四国制服をよしとせず、

臣従要求を[元親]は拒絶。そして敵対関係になり、

[羽柴秀吉]を通じて彼を圧迫するようになってきます。

『四国攻撃軍』が迫ろうという中、『本能寺の変』が勃発し、

この軍は解体、[元親]は窮地を脱した事になります。


●《四国》平定
1582年~1585年(43歳~46歳)

通説によると、1583年には《四国》全土をほぼ統一させ、

豪族なども降伏させたという[元親]ですが、

この間に、[羽柴秀吉]らと組んで戦に参加しており、

一方の[秀吉]も[元親]を討つべく軍勢を動かしていました。

1585年、[秀吉]が紀州征伐に乗り出し、更に[元親]へと、

10万を越える軍が派遣されて、ついに危機的な状況になります。

最終的に《土佐》のみを安堵され、[元親]は[秀吉]に臣従するのです。


●『豊臣政権』下で
1586年~1599年(47歳~61歳)

[豊臣秀吉]に臣従した後、『九州征伐』に、嫡男の[長宗我部信親]に、

乗り出すのですが、『戸次川の戦い』で[信親]が討死に。

これには[元親]は相当な衝撃を受けたらしく、

後追い自殺をしようとするも、何とか家臣に踏み留められます。


その後、『小田原征伐』では水軍を、『文禄・慶長の役』にも参加していたものの、

家臣の粛清や、家督を四男の、[盛親]に譲ることを強行するなど、

『長宗我部氏』には暗雲が立ち込めていました。

更に1598年に[秀吉]が死去。

1599年3月には、三男[津野親忠]を幽閉。


その直後から体調が悪くなっていった[元親]は上洛して《伏見屋敷》で、

療養するも、結局快方せずに、61歳で死去するのでした。

家督は遺言通り[長宗我部盛親]が継ぎます。


○人物像

幼少期は、色白で人見知りでぼんやりしてえたため、姫若子と言われていましたが、

《土佐》《四国》の覇者となる器はあったらしく、

初陣で鬼若子といわれるほどの活躍を見せるようになります。


《四国》の全土を最終的に治めることができたのは、領民のことも考え、

無理にその支配を広めなかったからと言われています。


ただ、その覇者としての風格は、『九州征伐』において、

嫡男[長宗我部信親]が戦死して、一気に失われていきます。

この後のことが非常に悪く言われることが多いようで、

どれだけ人物像が激変したかを思わせます。


《四国》を治めることはできたが、それ以上のものはないというところは、

[織田信長]曰く、“鳥なき島の蝙蝠”という通称の皮肉かもしれません。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。