トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

遊戯王デュエルモンスターズ 第64話 「鋼鉄の騎士 ギアフリード」

#064 (2)

遊戯王デュエルモンスターズ バトルシティ予選編
第64話(シリーズ通話第64話)「鋼鉄の騎士 ギアフリード」
2001/7/17現行放送


インセクター羽蛾から因縁と策略を付けられた城之内のデュエル。

自分のモンスターたちを昆虫族にされた上に、

「究極完全態グレート・モス」を召喚されて、圧倒的劣勢になりました。


インセクター羽蛾【昆虫族】対 城之内克也【戦士族】
エキスパートルール


#064 (1)

「究極完全態グレート・モス」の攻撃力に勝てるのは、

この段階では「ゲートガーディアン」と「青眼の究極竜」のみ。

しかし、攻撃力が高ければいいというものではないのが、

このゲームです。

「悪魔のサイコロ」を使い、「グレート・モス」の攻撃力を1/2にした城之内。

更に「天使のサイコロ」まで使うのですが、

これはアニメだけのルールで、OCGではこんなに強力ではありません。


これで「グレート・モス」は倒したものの、

この程度でやられるインセクター羽蛾ではありませんでした。


コンボにより「インセクト女王」を特殊召喚した羽蛾。

場に出ている昆虫族の数だけ攻撃力を挙げるこのカードで、

一気に攻撃力は3200に。


また、インセクト女王が、インセクトモンスターを増やせる効果は、

OCGではエンドフェイズ時のものです。


インセクト軍団を増やす訳にはいかない城之内、

彼は罠カード「マジックアームシールド」を使い、

一応、自爆ダメージを羽蛾に与えます。


「俺の未来は、こんな化け物に閉ざされちまうのかよ…」

しかし数多くの熱い声援を受けた城之内は、

「鋼鉄の騎士 ギアフリード」を召喚。


そしてついた決定的な「インセクト女王」の弱点、それは卵自体は、

攻撃表示で攻撃力も低く、簡単に標的にされてしまうということ。

それより前に上のうちにとどめを刺すため、

「兵隊アリ」「アリの増殖」を使った羽蛾。

これにより、「インセクト女王」の攻撃力は4800。


しかし、罠カード「墓荒し」を使った城之内は、

「虫除けスプレー」で「インセクト女王」を破壊し、

「ギアフリード」によって、卵を攻撃して羽蛾にとどめを刺すのでした。


このエピソードの注目点
“意外とパワー型でもあるインセクター羽蛾のデッキ”


#064 (5)

インセクター羽蛾というと、攻撃力の低い昆虫族で、

更にコンボで固めてくるのが基本だと思われてきましたが、

ここに来て強力なモンスター達が登場します。

「究極完全態グレート・モス」

「インセクト女王」。

正直最上級モンスターであり、使いづらいというのも確かなのですが、

一旦場に出せば、強力なポテンシャルを出すことができるはずです。


このエピソードの注目カード

#064 (4)

「インセクト女王」-Insect Queen-

Lv.7/地属性/昆虫族・効果

ATK 2200/DEF 2400

「このカードの攻撃力は、フィールド上に表側表示で存在する
昆虫族モンスターの数×200ポイントアップする。
このカードは、自分フィールド上に存在するモンスター1体を
リリースしなければ攻撃宣言する事ができない。
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊したターンのエンドフェイズ時、
自分フィールド上に「インセクトモンスタートークン」
(昆虫族・地・星1・攻/守100)1体を攻撃表示で特殊召喚する。」



『第2シーズン』の特典カードで登場した、

地属性・昆虫族の最上級モンスターであり、

本編ではインセクター羽蛾の最強モンスターの一体として知られています。


攻撃のためには、モンスターをリリースしなければなりませんが、

エンドフェイズには、「インセクトモンスタートークン」が生成され、

その強化をしていくことができるようになっています。


しかしそのトークンは、攻撃力がたった100なのに攻撃表示で召喚され、

恰好の標的となってしまうのです。

最上級モンスターではありますが、「孵化」「代打バッター」を使って、

容易に特殊召喚をすることが出来ます。

理論上の最大攻撃値は4200ですが、実質4000。

とはいえ、相手フィールドもすべて昆虫族で埋まっていなければならず、

こんな攻撃力になることはまずありません。


実は、トークンという言葉とルールが登場した初めてのカードです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。