トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「ヴェールのリリアナ」-Liliana of the Veil-

「ヴェールのリリアナ」-Liliana of the Veil-

「ヴェールのリリアナ」-Liliana of the Veil-

マナ:(1)(黒)(黒)

プレインズウォーカー -リリアナ(Liliana)

初期忠誠度 [3]

「[+1]:各プレイヤーはカードを1枚捨てる。
[-2]:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはクリーチャーを1体生け贄に捧げる。
[-6]:プレイヤー1人を対象とし、
そのプレイヤーがコントロールするすべてのパーマネントを2つの束に分ける。
そのプレイヤーは束を1つ選び、その束にあるすべてのパーマネントを生け贄に捧げる。」



『イニストラード』で登場した、『Magic』世界のダークヒロインの「リリアナ」

黒らしく、手札破壊やクリーチャー破壊、パーマネント破壊能力を持ちます。


[+1]能力は、各プレイヤーへの手札破壊強制です。

3ターン目から使用できることを考えれば連発でき、

墓地からの回収能力、リアニメイトでうまく立ち回れば、大型クリーチャーさえ、

用意に召喚できるでしょう。

忠誠度を上げられる、メリット型の能力として使うのが重要です。


[-2]能力は、クリーチャーの強制生贄。

どんな強力なクリーチャーでも、対処さえできなければ破壊でき、

大型クリーチャーで攻撃してくるビートダウン型デッキには、

大きなダメージを与えられます。使いきり能力でないのもポイント。

使いやすさで言えば、最終奥義よりもずっと使いやすいので、

これをメインに活躍させる事になるでしょう。


[-6]の最終奥義は、ライブラリー山分け能力とも呼ばれる、

場にある対戦相手のパーマネントを半分の束ずつにして、

片方の束をすべて墓地送りにするという大胆なもの。

ただ、コストの割には使い勝手が難しいかもしれません。


やはりカード破壊効果のカードを出されて破壊されるのが、

一番厄介なので、そういったカードを使うまでに、

能力を十分なくらいに使いきっておきたいものです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。