トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

遊戯王デュエルモンスターズ 第66話 「オシリスの天空竜 -SAINT DRAGON- THE GOD OF OSIRIS」

#066 (3)

遊戯王デュエルモンスターズ バトルシティ予選編
第66話(シリーズ通話第66話)「オシリスの天空竜 -SAINT DRAGON- THE GOD OF OSIRIS」
2001/7/31現行放送


マリクの“操り人形”によって、遊戯は「悪夢の鉄檻」に閉じ込められないまま、

更にスライムを利用したロックコンボにより、

神のカード「オシリスの天空竜」の召喚に、

抵抗ができなくされてしまうのでした。


#066 (5)

操り人形【オシリスの天空竜】対 武藤遊戯【ブラック・マジシャン】
エキスパートルール


そして、三体のスライムトークンが場に並んだ時、

いよいよ神のカードである「オシリスの天空竜」が召喚されることになるのでした。


圧倒的なスケールを持つこの神は、

あくまでゲームのルール上ではモンスターカードなのですが、

特別扱いをされている存在でもあります。

「オシリスの天空竜」は、手札の数×1000の攻撃力・守備力を持ち、

マリクはこの性質を活かす戦法を取ってきます。

「強欲な壺」で手札を増やし、いきなりATK 3000の巨大モンスターに。

さらにこれよりも恐ろしい特殊能力がこの「オシリス」にはあり、

それは、毎ターン、相手モンスターに2000のダメージを与える、

=攻撃力を2000ダウンさせ、0にした場合は破壊する。

という効果を持っていたのでした。


「悪夢の鉄檻」の効果が切れ、攻撃可能になった所、

「光の封札剣」を使い、手札の数を減らし、攻撃力が、

「バスター・ブレイダー」の方が上になったとおもいきや、

それを庇ったのが「スライム」でした。


さらに、「生還の宝札」によって、手札を増やした操り人形は、

「オシリスの天空竜」ATK 5000という、アニメでは前人未到の攻撃力になるのでした。

これを海馬コーポレーションの情報網で聞きつけた、

海馬も現場に直行します。


「バスター・ブレイダー」はたやすく倒されてしまいますが、

ここで遊戯が召喚したのは「ブラック・マジシャン・ガール」

#066 (4)

「オシリスの天空竜」の効果で、2000ポイントのダメージ。

と思いきや、「マジカル・シルクハット」でその場をしのぎます。


マリクはこれでもかという程に、「オシリスの天空竜」の攻撃力を圧倒させるため、

「無限の手札」のカードを使いますが、

今度、遊戯が仕掛けたのは、「魔法の筒」。

これで攻撃をそのまま跳ね返そうとしますが、それさえもスライムが防御をしてしまい、

更に魔法の効力が、1ターンで消え去ってしまうため、

その攻撃力は9000に―。


マリク曰くの、「神の領域」を作り出され、遊戯もこれまでと思われた所、

それを叱咤激励しにきたのが海馬。

神が立ちふさがるのならば、それをなぎ倒していけ、と言うのです。


このエピソードの注目点
“遊戯に襲いかかる神のカード”


#066 (7)

このゲームは攻撃力が全てではないのですが、

三体いる神のカードの中でも、「オシリスの天空竜」は、攻撃力に特化する。

更に、弱いモンスターを駆逐することに長けた神。


攻撃力が手札の数×1000ポイントということで、

早速前人未到の攻撃力5000を超えたと思ったら、

「無限の手札」「生還の宝札」によって、あっという間に9000を超えてしまいます。

「魔法の筒」など、その攻撃力を逆手に取るカードも、

防御のためにある「スライム」に防がれ、

遊戯にかつてないほどの危機が迫ります。


このエピソードの注目カード

#066 (6)

「オシリスの天空竜」-Slifer the Sky Dragon-

Lv.10/神属性/幻神獣族・効果

ATK ?/DEF ?

「このカードを通常召喚する場合、
モンスター3体をリリースして召喚しなければならない。
このカードの召喚は無効化されない。
このカードの召喚成功時には魔法・罠・効果モンスターの効果は発動できない。
特殊召喚したこのカードはエンドフェイズ時に墓地へ送られる。
このカードの攻撃力・守備力は自分の手札の枚数×1000ポイントアップする。
また、相手モンスターが攻撃表示で召喚・特殊召喚に成功した時、
そのモンスターの攻撃力を2000ポイントダウンさせ、
攻撃力が0になった場合そのモンスターを破壊する。」

攻撃名「超電導波 -サンダー・フォース-」



公式ルールで使えないカードは『第2シーズン』で。

公式ルールでも使えるカードの登場は『第8シーズン』の特典カードで、

登場し、また『GOLD SERIES』で再録されましたが、

非常にレアなカードで、まだ人気がある“神のカード”。


通常召喚する場合、3体のリリースが必要となる召喚ルールの効果。

自身の召喚を向こうにさせるための効果は発動させられない永続効果。

召喚・特殊召喚した時に、相手モンスターの攻撃力をダウン。

実質2000ダメージを与えるという効果を持ちます。


何よりもの特徴は、手札の数で攻撃力が決まるというもの。

手札を多く持てばいいものではありますが、

実は手札が1枚でもあれば戦闘破壊がされないというのは心強く、

特殊召喚ができるのもまた魅力です。


弱点もありますが、相手のターンに干渉できたり、フィールドに居続けることで、

攻撃力2000以下のモンスターを破壊し続けることが可能なので、

フィールド上にいれば相当な強豪カードになりえます。


ただ、現実のデュエリスト達にとって、伝説のカードは、

「カオス・ソルジャー-開闢の使者-」であろうと思われ、

この「オシリスの天空竜」を始めとした神のカードはあまり注目されませんね。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。