トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ジョジョの奇妙な冒険 第46巻 「クレイジー・Dは砕けない」

#046

「勝ったッ! わたしの「人生」は「最悪の時」いつもそうなんだ…。
「運」は、この吉良吉影に味方してくれるんだッ!」
―吉良吉影


第46巻「クレイジー・Dは砕けない」 1996/3/9刊行
週刊少年ジャンプH.7 40号~H.7 48号(第428話~第436話収録)


「バイツァ・ダスト」は破られたものの、

執念深く、また慎重な吉良吉影は、「猫草」の作り出す空気の塊を利用し、

それを“空気弾”とすることで、直接戦うときの武器も用意していたのでした。

億泰がその空気弾に倒れ、

ここに仗助と吉良吉影との、第4部の最終決戦が始まります。


第428話「クレイジー・Dは砕けない その①」

「「爆発」と「空気」ッ!
この世にこれほど相性のいいものが、あるだろうかッ!?
このためにあいつは「猫草」を育てていたなんて…!!
それをぼくが、持ってきてしまったなんてッ!」


#046 (1)

仗助は早人と共に、空気弾を使う吉良吉影と戦う事になりました。

爆弾で致命傷ともとれる負傷をした億泰を、

治すために仗助は突っ込んでいきますが、

「自由な距離」で爆撃ができる、という空気弾に、

自分も手痛い負傷をしてしまいます。


しかし、吉良吉影にあまりにも近い距離だと、彼自身も爆発に巻き込んでしまう、

という弱点もあるのでした。


億泰を触れて、「クレイジー・D」で治そうとする仗助ですが、

彼には吉良吉影が、すでに「キラークイーン」で触れ、

爆弾にしてしまった可能性があって…、


第429話「クレイジー・Dは砕けない その②」

もし億泰の体が爆弾にされてしまっていたら、

彼を治そうと、仗助が触れれば爆発してしまう。

「この状況で億泰を救う方法はひとつしかない…。
「君が触って治す事だ」。
もし爆弾になっていたとしても、億泰に「クレイジー・D」で触れれば、
『君は爆死するけれども…、億泰は爆発しない…』。
君が犠牲になれば、少なくとも親友のキズは治せるんじゃあないかね?」


この揺さぶりに、仗助は思わず億泰に触れてしまいそうになりますが、

ここで、吉良の行動に、早人が言い出しました。

「キラは今…、空気弾を撃たないんじゃあなく、撃ってこれないんだッ!
その証拠に何発も撃てばいいのに、一発ずつしか撃って来ないッ!
今…、億泰さんが、爆弾に変わってるから、撃てないんだッ!」


早人は、自分が触れて爆発させ、

自分が死ぬよりも先に、仗助の治すという力により復活するという、

小学生とは思えないような荒業で窮地を脱します。


億泰は治すことができた仗助ですが―、

彼が目覚めるということはなく―。


第430話「クレイジー・Dは砕けない その③」

#046 (2)

「「ジョー・モンタナ」の投げるタッチダウンパスのように、
確実にやつの鼻先に突っこみ、その位置で「点火」してやる!
着弾まであと、4メートル!」


一発ずつしか発動できない事が判明する、「キラークイーン」の爆弾の能力。

しかし空気弾は驚異であり、自身も負傷している仗助は、

億泰の身体を引きずってまで、その空気弾から避ける事ができるのか。

何とか己の能力で危機を脱する仗助でしたが―。


「「治す能力」…、気に入らん…。
あの「治す能力」さえなければ…、わたしの「爆弾」は無敵だ…。
わたしの「心の平和」にとって、もっとも恐るべきは承太郎ではない。
あいつだったのだ! 東方仗助」


第431話「クレイジー・Dは砕けない その④」

#046 (3)

近距離ならば、自分のスタンドの方が有利と判断してか、

誰かの家に入り、室内での戦いに持ち込みます。


しかし吉良は、自分のスタンドが接近戦の格闘だけでは、

仗助には叶わないことを認めており、家の中には入らず、

本来ならば見えないはずの位置からでも、的確に空気弾を操り、

仗助を追い詰めていくのでした。

「わかるぞ…東方仗助。「距離」がわかる!
「着弾」まであと3メートル。
家の中は狭い…、逃げ込んだのが、逆に動きづらくなったようだな。」




第432話「クレイジー・Dは砕けない その⑤」


仗助も、ガラスの破片を発射して攻撃するなど、応戦するものの、

再び空気弾の爆発に巻き込まれ、今度という今度、相当な重傷を負ってしまうのです。

自動的に追ってきているわけではない、

しかし的確な手動での着弾を可能にしている方法とは。

吉良吉影は携帯電話を持っていた。

こんな時に彼が電話をする相手が、本当に会社の上司なのか。


第433話「クレイジー・Dは砕けない その⑥」


吉良の父親である、吉良吉廣が、携帯電話を使って指示していた。

これを知った仗助は、吉廣をあぶりだし、

携帯電話を取り上げると、空気弾で、吉良吉影自らに、

自分の父親を爆発に巻き込むように仕組んでしまうのでした。

#046 (4)

第434話「クレイジー・Dは砕けない その⑦」

自分自身の手で、父親を爆破し、成仏させてしまった。

このことに酷いショックを受ける吉良吉影。

「こ…、こんな…事が、これは…何かの…、間違いだ…。
こんな…ヒドイ事が…。
植物のように平穏に生きたいと願う…、この吉良吉影の人生に…、
こんなヒドイ事が…、あっていいはずがない…」


しかしこの逆境さえも乗り越えようとする彼の前に、

いよいよ“射程距離内に入った”仗助が立ちふさがります。


酷い負傷でありながらも、接近戦では、仗助のクレイジー・Dの方が、

パワーもスピードも上。しかし、

どこまでも、悪運を味方につける吉良吉影を、

自分が攻撃されたと思った、猫草が、空気のクッションを作り防御してしまうのです。


「「接触弾」に変えたッ! 触れるだけで吹っ飛ぶッ!
この至近距離! 仗助! おまえの今のそのダメージ…! おまえにはこれを…、
かわす体力はないッ!」



第434話「クレイジー・Dは砕けない その⑧」

もはや絶体絶命。

しかし突如として、その空気弾が移動し、仗助からそれていってしまうのです。

彼の窮地を救ったのは、生きていた億泰でした。

#046 (7)

とてもさびしい夢を見ていたという億泰は、

“杜王町に行く“という選択をしたところ、目が覚めた。

生きる事を望んだ。ということから、億泰は生きたのです。


猫草は、億泰のザ・ハンドの瞬間移動能力によって奪われ、

空気弾の能力を失う吉良吉影。

「この吉良吉影が切り抜けられなかった物事-トラブル-など、
一度としてないんだッ!!」


しかし、ついに爆発騒ぎをききつけ、

承太郎達と遭遇してしまう吉良吉影。果たして?


第435話「クレイジー・Dは砕けない その⑨」


追い詰められた吉良吉影。しかし彼は、

駆けつけた救急車の救急隊員の女性に、

わざと自分の正体を明かし、己の秘密を明かしてしまいます。


それこそが、吉良吉影のギリギリまで追い詰められた心が発現させる、

『バイツァ・ダスト』の爆弾でした。

「来るか! 承太郎…。
「バイツァ・ダスト」はおまえに出会いたくない「心」で発現した力だ!
近づいて来いッ!「時」を止めてみろッ!
何秒、止められる?
このわたしをもっと追いつめるがいい!
その限界の「ギリギリさ」が、再び、きっと!!
『バイツァ・ダスト』を発現させるのだッ!」


もし、再び『バイツァ・ダスト』が発現してしまえば、

仗助との対決も無かった事になり、時間が1時間戻ってしまう。

更には、仗助達も、爆破され、

二度と、彼を追い詰める事はできなくなってしまう。

#046 (9)

承太郎達が迫ろうとする中、

再び、ギリギリの状況で、発現してしまったらしい『バイツァ・ダスト』

果たして、悪運は最後まで吉良吉影に味方をしたのでしょうか―?


46巻の注目点
「不屈の意志と、恐ろしいまでの執念の対決」


#046 (8)

「おまえに味方する「運命」なんて…、
おまえが乗れるかどうかの「チャンス」なんて…、

今! ここにある「正義の心」に比べれば、ちっぽけな力なんだッ!

確実にここにある!!
今、確かにここにある「心」に比べればなッ!」



確かに仗助の主人公らしい、倒れても立ち上がる意志。

これも見どころで、“ダイヤモンドは砕けない”なのでしょうが、

それだけではなく、吉良吉影側の執念、生き抜こうとする執念も、

物凄いものなのです。


しかしやがて彼にも戦わなければならない時がきて、

東方仗助との、実質的な一騎打ちが行われます。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。