トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「苦悶の神、ファリカ」-Pharika, God of Affliction-

「苦悶の神、ファリカ」-Pharika, God of Affliction-

「苦悶の神、ファリカ」-Pharika, God of Affliction-

マナ:(1)(黒)(緑)

伝説のクリーチャー エンチャント - 神(God)

5/5

破壊不能

「あなたの黒と緑への信心が7未満であるかぎり、
苦悶の神、ファリカはクリーチャーではない。
(黒)(緑):いずれかの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを追放する。
それのオーナーは、
接死を持つ黒であり緑である1/1の蛇(Snake)クリーチャー・エンチャント・トークンを
1体戦場に出す。」


『ニクスへの旅』で登場した黒緑の神。

このブロックでは、ここぞとばかりに神が登場し、

色サイクルを形成しています。『ニクスへの旅』は対抗色の混色の神のサイクルです。


墓地のクリーチャー・カードを追放することによって、

接死、黒緑、1/1クリーチャー・エンチャント・トークンを呼び出す。

という特殊能力を持っています。


トークンにはなりますが、クリーチャーを多用するデッキにとって、

戦闘、追放などで失った戦力を補充できるのは優秀。

そしてそれを2マナの消費で補充できるというのも、

テンポを損ないにくいものとなります。


ただこのカードを発動させるためには、

墓地のカードを消費してしまうことになってしまうため、

リアニメイトなどの墓地のクリーチャーの蘇生を中心としたデッキでは、

不適合な効果となってしまいます。


トークンはブロッカーや、クリーチャーを多用するデッキでの、

フィニッシャーなどとしての使い方が考えられます。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。