トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第10話 「皇帝-エンペラー-と吊られた男-ハングドマン- その1」

#310 (2)

「このホル・ホースの「皇帝-エンペラー-」は、
あんさんより強いから、おれのスタンド能力を、戦う前におしえといてやるぜ。
…『銃は剣よりも強し』。名言だな、これは。

おれの『スタンド』は拳銃-ハジキ-だ。
拳銃-ハジキ-に剣では勝てねえ」

―ホル・ホース

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース
第10話「皇帝-エンペラー-と吊られた男-ハングドマン- その1」 2014/6/6現行放送


いよいよインドをカルカッタ(現コルカタ)を横断する事になった、

ジョースター一行ですが、

皆、インドという国のイメージから、酷い雑踏に襲われ、

すぐに病気にでもなるかと心配なのだとか。

そして、すぐに物乞い達に囲まれてしまうジョースター達。

「アヴドゥルッ!これがインドかーッ?」

#310 (2)

Aパート

インドの雑踏に圧倒された承太郎達。

「なかなか気に入った、いい国だぜ」

次には、レストランのトイレで酷い目に会うことになるポルナレフ。

便器の中から豚が顔を出しているという、

異形の光景を目の当たりにしてしまうのです。


そして次にポルナレフは、鏡の中に映る、奇妙な怪人の姿を目撃してしまいます。

#310 (3)

しかしその怪人の姿は確かに鏡の中に見える存在であり、

明らかにスタンド。

両手とも右手のスタンド、妹の仇に出会ってしまうのでした。


妹の仇が近くにいる事から、ポルナレフは別行動を取る宣言をします。

ミイラ取りがミイラになる。という事を言うアヴドゥルは、

ポルナレフを誘い出すことをしてきたのだと指摘しますが、

ポルナレフを止めることはできないと判断した、

ジョセフは彼を行かせてしまいます。

#310 (4)

その頃、カルカッタの町外れでは、

カウボーイ風の男が、夕日をバックに、別れ話をしているという、

光景が描かれる事に。


その男が次に出会ったもう一人の男こそ、J・ガイル。

彼こそ両手とも右手の男なのでした。

ポルナレフを誘い出すことに成功したという彼等。


「行くか。吊られた男のあんたと、皇帝の俺がいれば、奴らは皆殺しだぜ」


Bパート

今回#310 (4)

スタンドパラメータは、「ハングドマン」。

しかしその正体ははだ不明。


一方、ポルナレフは、J・ガイルの行方を突き止めようとしますが、

難航していたところをようやく発見します。


しかし、ポルナレフが先にであったのは、

皇帝のカードを暗示する男のほう、ホル・ホース。

両手とも右手の男、J・ガイルとは共に来た。と云いますが…。


自分のスタンドは、銃だから、ポルナレフの剣よりも強い、

「銃は剣よりも強し」

と言い、そのスタンドを発射します。

#310 (3)

しかし、ホル・ホースのスタンドは、弾丸もスタンドであり、

軌道を曲げた銃弾がホル・ホースに襲いかかります。


しかしながら、そんな彼を助けたのがアヴドゥル。

彼は、魔術師の炎を使って、その銃弾を焼き尽くそうとしますが、

水たまりの中に現れたハングドマンの冀州を受けたアヴドゥルは、

ホル・ホースの銃弾を頭に受ける事になってしまい―。


ポルナレフはあっけなくやられたアヴドゥルに、

冒涜の言葉さえ浴びせようとしましたが、

「迷惑なんだよ、自分の周りで死なれるのは、
スゲー迷惑だぜ。この俺は…!!」


このエピソードの注目点
「ポルナレフの仇のJ・ガイル」


#310 (5)

ポルナレフはそもそも、自分の妹の仇を取るために、

行動をしていたため、ジョースター一行とは異なる目的があったわけですが、

そこで別行動を取って決裂してしまいかねないのが今回。

しかし敵のJ・ガイル達は、まさにポルナレフのそうした行動を狙って、

動き出していたということですね。


そして、ついにジョジョ一行にも大きなダメージを受ける出来事が起きてしまいます。


第11話「皇帝-エンペラー-と吊られた男-ハングドマン- その2」。

アヴドゥルが倒れた後、ポルナレフは冷静を保てるのか。

そして、J・ガイル達を倒すことはできるのか。

物語は二話構成であるだろうこの話の、

後半へと移っていく事になるのでした。

しかしJ・ガイルも、鏡を使ったスタンドの正体が、

まだ詳しく分かっていないために、強敵相手になることは確かです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。