トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ハピネスチャージプリキュア! 第19話 「サッカー対決! チームプリキュア結成!」

#1119 (3)

「そうだ! だったらキュアフォーチュンも一緒になって、
4人で連携プレーすればいいじゃん」
―キュアラブリー

「たしかに! 4人の方がパワーも特盛り、ばっちり連携できそうね」
―キュアハニー

ハピネスチャージプリキュア! 第19話(シリーズ通話505話)
「サッカー対決! チームプリキュア結成!」

2014/6/8 現行放送


ファイルにプリカードがたまってきているらしく、

カードがたくさん集まれば、願い事が叶うというのです。

ひめが願うのはもちろん、ブルースカイ王国の復活。

願いを叶うのが一つなのは、お約束なのは当然ではないかと。


一方、サイアークの撃退を続けるキュアフォーチュン。

彼女が叶いたい願いは、姉の敵討のためにか、

ファントムよりももっと強くなりたいと宣言するのです。


キュアフォーチュンはまだ、キュアプリンセスのことは許さない様子です。

今回のプリキュア10周年コールは、キュアエース。


Aパート

ブルーから、めぐみとゆうこに、そろそろアクシアというものについて、

話すように言われるひめ。

それは、めぐみとゆうこが、ひめを嫌いになる可能性がある、

そんな需要な意味があるそうなのです。


翌日か、町内のサッカーで人数が足りないというので、

助っ人に呼ばれる事になるめぐみ、

めぐみ、ひめ、ゆうこのそのユニフォームは、どう見ても日本代表なんですが、それは。


ぴかりが丘商店街サッカーチームの隊長はゴンさん。

今作のゲストですね。

四人目の助っ人として現れたのが、あの氷川いおな。

#1119 (2)

しかし、いくら商店街同士の試合とは言え、

寄せ集めの助っ人でよかったのか。

そう言えば、プリカードには、身体機能が高くなる性能があるので、

ある意味反則なのでは?


そうであっても、氷川いおなは、ひめに何かあるのか、

パスを渡さず、一人だけでゴールを決める始末。


Bパート

いおなにボールを独占されてしまったことから、

ひめはやっきになって、ボールを撮ろうとするものの、

両者の対立が目立つようになります。


そんな中、団結の心に目をつけたオレスキーによって、

ゴンさんからサイアークが生み出される事になってしまいました。

あと、ゲストが幻影帝国を当然のように知っているのも珍しい。


今回は、強烈なシュートをお見舞いできる、

サッカー型サイアーク。

いきなりネット内に拘束されたプリキュア達を助けたのは、

キュアフォーチュン。

#1119 (4)

プリキュア三人で連携がなっていないことを指摘する彼女に、

プリキュア四人で戦えば心強いと、キュアラブリーは言います。


フォームチェンジからの、ロリポップヒップホップ、

“ポップンソニックアタック”

で、サイアークの攻撃を止め、

キュアフォーチュンは、“スターダストシュート”によって、

サイアークを撃退するのでした。


「頂点は常に、オレ様ひとりなのだ!」

ん?ほんのちっぽけな恐怖をも持たぬもの。ではないんですか?


そして試合にも勝っためぐみ達ですが、

試合後も気まずそうにしているひめ。


試合後、めぐみ達を追いかけてきた氷川いおなは、

チームワークから何かを見出したのか、

#1119 (1)

自分がキュアフォーチュンであることの正体を明かします。

まあ、もうすでに、視聴者としてみれば分かってはいたのですが。

重要なのは、チームを組まない?と誘った相手が、

キュアラブリーと、キュアハニーだけ、ということですね。

果たしてキュアプリンセスは?


このエピソードの見どころ
“いおなが、チームワークから見出したもの”


#1119 (4)

そして同時に、氷川いおなこと、キュアフォーチュンがメインキャスト入り。

果たしてこれからどうなるのか、

そもそも、彼女がキュアプリンセスに心を開けるのかどうか、

それが最大の問題として残っていますね。


次回は、2014年6月15日放送、

第19話「悲しい過去!! キュアフォーチュンの涙」

#1119 (5)

しかしながら、この段階で、キュアフォーチュンの正体が明かされた。

ということは、一筋縄でいかない展開になる意味もあり、
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。