トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「情け知らずのガラク」Garruk Relentless-/「ヴェールの呪いのガラク」-Garruk, the Veil-Cursed-

「情け知らずのガラク」Garruk Relentless-/「ヴェールの呪いのガラク」-Garruk, the Veil-Cursed-

「情け知らずのガラク」Garruk Relentless-

マナ:(3)(緑)

プレインズウォーカー - ガラク

初期忠誠度 [3]

「情け知らずのガラクの上の忠誠(loyalty)カウンターが2個以下であるとき、彼を変身させる。
[0]:クリーチャー1体を対象とする。情け知らずのガラクはそれに3点のダメージを与える。
そのクリーチャーは彼に、それのパワーに等しい点数のダメージを与える。
[0]:緑の2/2の狼(Wolf)クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。」


「ヴェールの呪いのガラク」-Garruk, the Veil-Cursed-

プレインズウォーカー - ガラク

「[+1]:接死を持つ黒の1/1の狼(Wolf)クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
[-1]:クリーチャーを1体生け贄に捧げる。
そうした場合、あなたのライブラリーからクリーチャー・カードを1枚探し、
それを公開してあなたの手札に加える。そのあと、あなたのライブラリーを切り直す。
[-3]:あなたがコントロールするクリーチャーは、
ターン終了時まで+X/+Xの修整を受けるとともにトランプルを得る。
Xは、あなたの墓地にあるクリーチャー・カードの枚数である。」




『イニストラード』で登場した両面カード、その独特な構造で、

更にプレインズウォーカーであるという特徴もあるこちら。

忠誠度が減り、追い詰められると変身するという意味でしょうか。

両面であるということも相まって、非常に多彩な能力を持ちます。

また、色も変わるのがポイントです。

表が、昼の面、裏が夜の面とも呼ばれています。


昼の面は、両方共+-0の能力となっており、

自由に使えるのがポイント。


まず最初の能力は直接ダメージを与えるという、

単純ながら効果的な能力を持つもの。


もうひとつの能力は、2/2狼クリーチャー・トークンをいくらでも生み出せるので、

変身せずともこれで戦力を整えられます。


そして夜の面。こちらは黒緑の多色のガラクです。


+1能力は、トークン生成ながら、接死を持つクリーチャーを生成できるもので、

これはなかなか強力なものとなっています。

-1能力は、生贄を共用するクリーチャーサーチで、

特定のキーカードを呼ぶことができるというもの。

生成したトークンや、不要なマナクリーチャーを利用する事ができます。


-3能力は、最終奥義とは言えないまでも、墓地のクリーチャー数を参照とした、

全体強化で、自身の能力で生成したクリーチャーを強化するなどの使い方ができます。


このプレインズウォーカーの特徴は、昼の面は、

自分から忠誠度を減らすことが出来ず、能動的に夜の面にできないという、

事が考えられます。

夜の面のほうが、ダメージを与えることに優れた能力が多いので、

意図的に夜の面にできるギミックがあると良いかもしれません。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。