トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
43:-
by on 2014/06/27 at 17:08:46

管理人の承認後に表示されます

トラックバック送信先 :
コメント

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第12話 「女帝 -エンプレス-」

#312 (1)

「ジョセフ・ジョースターが、闘いにおいて、
きさまなんかとは年季がちがうということを、
これからおもいしらせてやる。

…とは…、いったものの、どうすればいいんじゃ…!」

―ジョセフ・ジョースター


ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース
第12話 「女帝 -エンプレス-」 2014/6/20現行放送



自分の息子、J・ガイルが死んだことを悟ったエンヤ婆。

彼女は、それを血のつながりからか、

同じ傷として味わう事になり、自分の息子がどのように死んだか、

それを悟ることになるのでした。

激高した彼女は“じわじわなぶり殺すのが得意”という、

「女帝-エンプレス-」のスタンドに抹殺を命じるのです。


Aパート


一方、インド聖地のベナレスへとバスで向かうジョースター一行。

そこには、あのホル・ホースに恋心を持っていた、

ネーナという女性の姿も。

#312 (2)

ホル・ホースがいかにずる賢い男かを、ネーナに諭そうとするポルナレフですが、

果たしてそんな言葉が通じているのかどうか。

しかし、ベナレスにつく頃、ジョセフの腕にできた腫れ物が悪化し、

それが、だんだんと巨大な腫瘍となってしまうのです。


医者に見せて切り取ってもらった方がいい、という言葉に、

ジョセフはクリニックで、その腫瘍を切除してもらおうとするのですが、

その医師を、メスを使って殺害してしまったのは、

その腫瘍自身。


実はその腫瘍がスタンド「女帝-エンプレス-」であり、

ジョセフにすでに取り憑いていたのでした。


医師殺害を誤解されてしまい、警察に追われる事となってしまうジョセフ。

腕に取り憑いた「エンプレス」には波紋も通じず、

また、スタンド自身が腫瘍からだんだんと人型へと成長していくようなのです。


Bパート

今回のスタンドパラメータ1つ目は、今回の主役のジョセフの「隠者の紫」

今回のスタンドのスタンド使いが、ネーナなのは視聴者には明らか。

ポルナレフはナンパでもしているつもりなので、

ジョセフが逃げ惑っていることなど気がついていないようで。

#312 (3)

その頃「エンプレス」は、ジョセフの腕の上で成長し、

だんだんと人型になり、ジョセフに噛み付くなどの、

攻撃を仕掛けられるようにまでなっていたのでした。

ジョセフのスタンドは攻撃型ではないため、

このスタンドになす術がなく、

小型のスタンドとはいえ、やりたい放題攻撃を食らわされてしまいます。


しかし、ジョセフは、ただ闇雲に逃げ回っていただけではなく、

コールタールの中に突っ込むために行動をしていたのでした。

ジョセフの肉体と一体化している「エンプレス」は、

一般的なスタンドとは違って、コールタールで固めることができる。


ジョセフは、さっき転んだ時にぶちまけた、お香の灰を、

地図として念写し、コールタールの場所を見つけていたのでした。


やりたい放題やってくれた、「エンプレス」を固め、

「隠者の紫」で縛り、自分の体から引き剥がしてしまうのでした。


その頃、ポルナレフを逆に懐柔しようとしていた、

エンプレスの本体のネーナは、突然肉体が豹変し、

不気味な醜い本体がその正体をさらしてしまうのでした。


Cパート

今回2つ目のスタンドパラメータは、「女帝-エンプレス-」

#312_Empressstats

『女帝 -エンプレス-』本体-ネーナ
【破壊力-C / スピード-E / 射程距離-A / 持続力-A / 精密動作性-D / 成長性-D】

『能力』
本体の血液などを介して、人に取り憑くスタンド。
そこで、肉体が成長していき、やがて人型になるというもの。
最初は顔もないのですが、だんだん顔ができ、上半身部分まで成長すると、
標的を暗殺すべく自ら襲いかかってきます。

『遠隔操作型』
取り憑かせた後は、かなりの遠隔操作ができる模様です。
ただ、取り憑いた相手から離れる事ができないのと、
スタンドも小型であるため、パワー型ではありません。
ジョセフが相手でなかったら、
結構簡単に負けてしまったかもしれません。


承太郎達は、ベナレスを離れ、

ガンジス川で少したそがれているオリジナルのシーンが。

更にそんなベナレスを離れるジョースター一行を、

また息つく間もない、とまでに追跡する車の姿は―?


このエピソードの注目点
「ジョセフの頭脳戦」


#312 (4)

ジョジョといえば頭脳戦。頭脳戦が得意なのはジョセフ、

なのですが、スタンドも攻撃型ではないので、

今まで戦いで表立った出番はありませんでした。

そんなジョセフにも襲い掛かってくるのが敵スタンド。

エンプレスもパワー型のスタンドではありませんが、

取り憑いて成長してくるとは厄介なスタンドですね。

元ネタは人面疽から、なのだそうです。


次回は、第13話「運命の車輪-ホイール・オブ・フォーチュン-」。


今回、息つく間もないといった様子で、

ベナレスを出発したジョースター一行を追跡した車、

これに新たなスタンド使いが乗車中です。


インドでの物語も次回までで、

インド~パキスタン国境の荒涼とした岩場でのスタンドの戦いが行われます。
スポンサーサイト
トラックバック
43:-
by on 2014/06/27 at 17:08:46

管理人の承認後に表示されます

トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。