トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「C・HERO カオス」

「C・HERO カオス」

「C・HERO カオス」

Lv.9/闇属性/戦士族・効果・融合

ATK 3000/DEF 2600

融合条件
「M・HERO」モンスター×2

「このカードはルール上「E・HERO」モンスターとしても扱う。
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、この属性は「光」としても扱う。
(2):1ターンに1度、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。」



『第9シーズン』ストラクチャーデッキ『HERO's STRIKE』で登場した、

また新たなるHEROの姿になります。

「C・HERO」は、“コントラストヒーロー”と読まれる、新しいHEROですが、

融合素材に「M・HERO」を指定し、自身は「E・HERO」でもある。

また、いわゆる属性混色であって、光属性・闇属性となっている、

という複雑なものがあります。だから「カオス」なのでしょう。


ルール上「E・HERO」扱いなので「ミラクル・フュージョン」や、

その他の「E・HERO」サポートカードが使えるのは、

非常に有用です。


融合元も「M・HERO」自体が、融合召喚を必要とする、

重い召喚になります。

「マスク・チェンジ」でかつ「融合召喚」のギミックが必要なので、

手札事故などを招くような無理のない構築が必要でしょう。

特殊召喚さえできれば、相手モンスターの効果も封じられるので、

高いステータスも相まって、強力なモンスターです。


「融合召喚」と「マスク・チェンジ」を使いこなしたいデュエリストに、

おすすめのカードです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。