トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「死体生まれのグリムグリン」-Grimgrin, Corpse-Born-

「死体生まれのグリムグリン」-Grimgrin, Corpse-Born-

「死体生まれのグリムグリン」-Grimgrin, Corpse-Born-

マナ:(3)(青)(黒)

伝説のクリーチャー -ゾンビ(Zombie) 戦士(Warrior)

5/5

「死体生まれのグリムグリンはタップ状態で戦場に出るとともに、
あなたのアンタップ・ステップにアンタップしない。
他のクリーチャーを1体生け贄に捧げる:
死体生まれのグリムグリンをアンタップし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。
死体生まれのグリムグリンが攻撃するたび、
防御プレイヤーがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
そのあと、死体生まれのグリムグリンの上に+1/+1カウンターを1個置く。」



『イニストラード』で登場した混色で伝説のゾンビ。

クリーチャー1体の生贄を必要としていますが、

攻撃すれば相手のクリーチャー1体を大将として、

その過程で一回りずつ大きくなっていく、という恐ろしい力を持ちます。


小型クリーチャーを犠牲にして、

大型クリーチャーを倒すということが主な理想です。


継続的トークン生成手段や、直接アンタップさせられるカードなどと、

上手く利用したいところですね。

十分な数さえ確保することができれば、

擬似的に警戒持ちのように機能することが出来ます。

制圧力も高く、色々な使い方が出来、アタッカーとしても使える点が魅力で、

『闇の隆盛』で登場した「墓所這い」などとセットで使うと強力です。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。