トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

遊戯王デュエルモンスターズ 第70話 「仮面の呪縛 高層のデュエル」

SnapCrab_NoName_2014-6-28_22-22-53_No-00.jpg

遊戯王デュエルモンスターズ バトルシティ予選編
第70話(シリーズ通話第70話)「仮面の呪縛 高層のデュエル」
2001/8/29現行放送



梶木漁太に勝利した城之内は、バトルシティ決勝戦への出場権を手に入れ、

妹の静香もそれを見に来てくれるというため、

意気揚々な様子になっていました。


そんな中、獏良は暴漢に襲われたふりをして、

マリクと結託しており、マリクは、城之内達の前では、ナムという少年を名乗り、

人当たりの良い姿をして見せているのです。

SnapCrab_NoName_2014-6-28_22-11-4_No-00.jpg

マリクは、グールズの“神封じのデッキ”を使う、

光と闇の仮面を遊戯と海馬にけしかけるのです。


その上で、自分達には、部下達を襲わせ、杏子と城之内を拉致させるのです。

更に城之内達の元に遣わされた、

海馬の弟のモクバまでも拉致されてしまうのでした。


遊戯と海馬には、二人の刺客が襲いかかり、

海馬のデュエルディスクにロックをかけて、

しかもモクバも拉致された事を知る海馬。


お互いに人質を取られた状況で、タッグデュエルをすることになった、

遊戯と海馬なのでした。


SnapCrab_NoName_2014-6-28_22-24-28_No-00.jpg

武藤遊戯【ブラック・マジシャン】/海馬瀬人【青眼の白龍】対 光と闇の仮面【神封じの仮面】
タッグデュエル エキスパートルール



タッグデュエルのデスマッチを持ちかけられた二人は、

この光と闇の仮面とのデュエルに挑みます。

あらゆるデッキを封印できる、仮面カードによる、

タッグバトルに特化した二人のデッキとは?


「仮面」カードによって強化や封印をしていくという、

実はこのゲームでの純粋な強さを持っている、この仮面の二人。


「遊戯、お前は俺が勝利するためにいる」

という海馬は、この段階では下級通常モンスターとしては強力な、

「ブラッド・ヴォルス」を召喚。

一人で戦おうとしているという海馬では、

タッグマッチでは不利、と判断する遊戯ですが―。


このエピソードの注目点
“遊戯と海馬の共闘”


SnapCrab_NoName_2014-6-28_22-26-43_No-00.jpg

意外と多いのが、遊戯と海馬との対戦で、

その次が、この二人がタッグマッチを行うというもの。

二人とも高い攻撃力を持つモンスターで戦い、

また神のカードを持っているのも、バトルシティでの特徴です。


このエピソードから対戦し出した、光と闇の仮面は、

タッグマッチとしては優秀な能力を持っているため、

ワンマンな海馬の性格と合わせ、

次々と不利に陥っていってしまうのです。


このエピソードの注目カード

SnapCrab_NoName_2014-6-28_22-27-18_No-00.jpg

「ブラッド・ヴォルス」-Vorse Raider-

Lv.4/闇属性/獣戦士族

ATK 1900/DEF 1200

「悪行の限りを尽くし、それを喜びとしている魔獣人。
手にした斧は常に血塗られている。」



『第2シーズン』で登場した、特典カードの一つで、

レベル4獣戦士族通常モンスターで、「ジェネティック・ワーウルフ」につぐ、

高い攻撃力を持つモンスターで、その唯一の闇属性のモンスター。

現在では「レスキューラビット」などから使うこともでき、

エクシーズ素材としても活躍ができたりします。


海馬が多用したカードとされており、実際、

効果モンスターが少なかった時代では、現在では考えられないほど、

高い価値があったと言われています。


後に「魔導戦士 ブレイカー」や「デーモン・ソルジャー」が登場し、

昔ほど使われているというわけではありません。

ただ絶版扱いなので、入手難易度は割と高めです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。