トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

遊戯王デュエルモンスターズ 第72話 「結束せよ!」

#072 (5)

遊戯王デュエルモンスターズ バトルシティ予選編
第72話(シリーズ通話第72話)「結束せよ!」
2001/9/11 現行放送



タッグデュエルにて、強豪である光と闇の仮面の前に、

追い詰められていく事になった遊戯と海馬。

今こそ結束して立ち向かう時なのか、

遊戯と海馬は、強力な攻撃力を持つ、

「仮面魔獣」達に挑みます。


武藤遊戯【ブラック・マジシャン】/海馬瀬人【青眼の白龍】
対 光と闇の仮面【神封じの仮面】

タッグデュエル エキスパートルール


#072 (4)

海馬は「死者蘇生」による特殊召喚で「青眼の白龍」を召喚。

それでもまだ、「仮面魔獣マスクドヘルレイザー」の攻撃力には届かない。

それだけ攻撃力3200のモンスターは脅威なのか。

遊戯が「手札抹殺」をした時、墓地に置くことで、

「暗黒魔族ギルファーデーモン」の効果が発動し、

仮面魔獣の攻撃力は500ポイント下がっており、

「青眼の白龍」は「仮面魔獣マスクドヘルレイザー」を倒すのでした。


ですがそれでも上級モンスターを召喚できない状態が続きます。

光の仮面は「弱体化の仮面」によって「青眼の白龍」の攻撃力を下げ、

自身のモンスターには「凶暴化の仮面」で強化を図るという、

新たな戦法を見せますが、

遊戯は「精霊の鏡」の罠カードを使い、「凶暴化の仮面」の力を写し、

「青眼の白龍」の攻撃力を再び上げるのでした。


光の仮面は「選ばれし者」の魔法カードを使い、

彼らの持つカードで最強のモンスター、

「仮面魔獣デス・ガーディウス」

攻撃力3300の特殊召喚に成功しました。

これでまたデュエルの情勢は変わるのです。


その頃、城之内は、マリクの部下達によって洗脳され、

拘束にされている杏子と共に、遊戯への次なる罠の手駒とされようとしていました。


このエピソードの注目点
“青眼の白龍が超えるべき壁”




「青眼の白龍」は最強のカードであり、

しかしそれを上回る攻撃力のカードも数多のは確か。

特殊能力もないので、自分の強化カードで乗り越えていかなければなりません。

あまりに単調すぎる攻撃は、魔法カードや罠カードの餌食になり、

また「仮面魔獣」の、同時期のモンスターは、

その攻撃力を上回っています。

そんな壁を乗り越える、いわば試練があるわけです。

ただ登場した時は、ラスボス格のカードでもないのに、

攻撃力3000オーバーのモンスターが出てくるのは脅威でしたね。


このエピソードの注目カード

#072 (6)


「仮面魔獣デス・ガーディウス」-Masked Beast Des Gardiust-

Lv.8/闇属性/悪魔族

ATK 3300/DEF 2500

「「仮面呪術師カースド・ギュラ」「メルキド四面獣」どちらかを含む
生け贄2体を捧げない限り特殊召喚できない。
このカードがフィールドから墓地に行った時、
デッキから「遺言の仮面」1枚をフィールド上モンスターに装備させ、
デッキをシャッフルする。」

攻撃名“ダーク・デストラクション”



『第2シーズン』の特典カードで登場した、

特殊召喚に生贄が必要な召喚ルール効果、自身がフィールドから、

墓地へと送られた時、「遺言の仮面」を装備させる効果があります。


最上級モンスターであり、召喚条件も定められているものの、

ステータスが「青眼の白龍」をも上回るほどのものであり、

専用の構築で【デス・ガーディウス】のいうデッキもあります。

レベル8の闇属性で「トレード・イン」と各種ウイルスに対応。

墓地に送られた後も、「遺言の仮面」によって、

コントロール奪取効果を発動する事もでき、

ボード・アドバンテージも得られる、

優秀な効果を持っています。


もちろん、除去や、手札へ戻す効果には対応していませんから、

それには対策を立てておかなければなりません。


また、テキストが古いのでわかりにくいのですが、特殊召喚モンスターであり、

通常召喚扱いでの召喚ができません。

わざわざ通常召喚で、最上級モンスターのような、重いカードを、

召喚することもないかもしれませんが。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。