トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

「E・HERO ブレイズマン」

「E・HERO ブレイズマン」

「E・HERO ブレイズマン」

Lv.4/炎属性/戦士族・効果

ATK 1200/DEF 1800

「「E・HERO ブレイズマン」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、
いずれか1つしか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「融合」1枚を手札に加える。

(2):自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「E・HERO ブレイズマン」以外の
「E・HERO」モンスター1体を墓地へ送る。
このカードはターン終了時まで、
この効果で墓地へ送ったモンスターと同じ属性・攻撃力・守備力になる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は融合モンスターしか特殊召喚できない。」



『第9シーズン』『NEXT CHALLENGERS』で更に追加された『E・HERO』。

この期に及ぶと、やはり「融合」を強化する事が目的の、

サポート型モンスターとなっています。


利用は様々にありますが、デッキから「融合」をさーちできることで、

召喚、特殊召喚は積極的に行いたいものです。

墓地融合カードが使えない「V・HERO アドレイション」などの、

HEROの融合が楽になりました。


(2)の効果は自己強化、更には、属性変更の効果があります。

属性変更の効果は今までにはなかなか見られませんでしたが、

これによって、能動的に『M・HERO』の融合が選択できそうです。


また「E・HERO ネオス」や「E・HERO エッジマン」などを墓地へ送れば、

1ターンから上級モンスターの召喚も可能になり、

特に高い攻撃力のE・HEROモンスターを墓地へと送るという事が理想になるでしょう。


また属性を変更することができるということも利用して、

『M・HERO』へもつなげてみたいもの、

似た効果を持つモンスターに「E・HERO プリズマー」がありますが、

カード名をコピー出来ない代わりに、攻撃力をコピーできるのも、

有利な点です。


元々炎属性のモンスターが『E・HERO』には少なかったので、

より炎属性に関係する『E・HERO』が使いやすくなりました。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。