トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第19話 「死神13 -デスサーティーン- その1」

#319 (1)

「夢の中では、いくら自分を傷めつけても、決して目は醒めない!
外で誰かが、おまえを起こしてくれんかぎり、
この世界から、のがれることはできん!

眠っているかぎり、おまえの精神エネルギーは、
この「死神13」の支配下なのだ…。
つまり「死神13」は、眠りという
無防備の精神の中に入りこむ「スタンド」なのだ」

―死神13 -デスサーティン-


ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース
第19話 「死神13 -デスサーティーン- その1」 2014/8/8現行放送



「太陽」のスタンドを倒し、サウジアラビアの砂漠を、

セスナ機で越えようとするジョースター一行。

そんな中、花京院は一人、奇妙な夢を見ているのでした。

行ったこともない遊園地の観覧車で、聞こえてくる赤ん坊の鳴き声。

そこに現れた一枚のカードは、「死神」のタロットカードなのでした。

そして、カードから突如として襲い掛かってくる、

死神の姿をしたスタンドに大鎌で襲いかかられるのです。


夢にうなされ、飛び起きる花京院。

その異様な姿に、ポルナレフは花京院を奇妙がるのです。

#319 (2)

花京院は、夢の中での記憶を、ただ「恐ろしかった」

としか記憶していないようなのでした。


Aパート

今日はサウジアラビアの砂漠を横断するために、500kmは、

セスナ機で飛ぶ予定なのだとか。

しかし、この村の赤ん坊が39度の熱を出してしまったため、

医者のいる村にまで連れて行くのが優先。

明日の夕方でないと飛行機は売れないというのです。

#319 (3)

しかし赤ちゃんを連れてきた女性は、ジョースター一行に、

医者の所まで連れて行ってもらえばいいというのです。

危険とはいえ、それしか方法はないのでした。

「おれはスタンドより、じじいの操縦のほうが不安だがね」


セスナのなかで、ついうとうとしてしまった、

花京院とポルナレフは、再び遊園地の夢を見ることになってしまうのです。

しかしあまりにも脳天気な花京院は、

二人で同じ夢を見ることなどおかしいと言うものの、

油断してばかりのポルナレフは余裕をしてしまうのです。


「違う! スタンドの夢じゃあなく、夢のスタンドなんだ! 分からん奴だな!」

そして異様な姿で登場する、死神の姿をしたスタンド、死神13-デスサーティーン-。


戦おうとするものの、花京院達のスタンドは、

夢の中のためか、出すことが出来ず―。


Bパート

今回のスタンドパラメータは、「死神13 -デスサーティーン-」。

#319_death13

「ラリホー! 夢の中で死ねるなんて、ロマンチックだと思わんかねーッ!」

しかしまだその本体の名と、パラメータは不明なまま。


危機的な状態に陥ってしまったポルナレフは、

為す術もなく夢の中で始末されてしまう、というところを、

ジョセフに起こされたので夢の世界からは消える事に。

窮地を脱したポルナレフですが、現実世界では記憶がなく。


夢の中で危機的な状況に陥った花京院は、

うなされてセスナ機の中で暴れだしてしまいます。

そこで、花京院は初めて、あの赤ん坊がスタンドの本体であることを知るのです。


一方、花京院が暴れたお陰で、セスナ機のジョセフは操縦できなくなり、

墜落の危機に陥っていました。

一時は立て直すものの、結局ヤシの木に当たって墜落してしまうのです。

同時に花京院も夢の危機から目をさますのでした。


墜落したセスナ機で、また足止めを食うことに成る一行は、

仕方なく砂漠でキャンプをすることに。


“BABY STAND”と自分の腕につけられた文字、

彼が夢の中で、現実世界でも思い出せるようにつけた傷に、

「ぼくの精神は、本当にどうにかしてしまったのだろうか?
この赤ちゃんが、スタンド使いだと思い始めている!」


と、強行な態度に出ようとしたところを、

ポルナレフ達には、精神が危ういのではないかと思われてしまうのです。


このエピソードの見どころ
「夢の中を襲ってくるスタンド」


#319 (5)

強大なスタンドや厄介なスタンドはいくつも出てきていますが、

ここに来て、夢という精神に攻撃をしてくる、

それもスタンドを出すことが出来ない、夢の中での事は覚えていない。

というスタンド、「死神13」との対決になりました。

仲間に信用して貰えないながら、一人立ち向かう事になった花京院は、

果たしてこのスタンドにどう立ち向かうのか。


次回は、第20話「死神13 -デスサーティーン- その2」。


仲間に信用してもらえないまま、死神13の夢の世界に、

皆が陥ってしまう危機から救おうとする花京院。

しかしそれは全てうまく行かず、

無防備な夢という精神のフィールドに、皆が陥ってしまいます。

スタンド使いに襲われているという自覚さえない、

この戦いの行方は―?
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。