トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第20話 「死神13 -デスサーティーン- その2」

#320 (3)

「どうやって闘えばいいんだ!? どうやって!?
こ…、ここはなんでもありの世界なんだ!
ルールとか常識なんてない…、
ヤツの思いどおりに動かせる世界なんだ!」

―ジャン・ピエール・ポルナレフ


ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース
第20話 「死神13 -デスサーティーン- その2」 2014/8/15現行放送



夢の中を襲ってくるスタンド、「死神13」に襲われつつも、

その自覚があるのは花京院だけという状態になり、

心の中を襲ってくるスタンドとの、花京院の孤独な戦いが始まりました。


ポルナレフ達は、彼がいよいよ精神を侵されてしまったのではないかと思い出すのです。


Aパート

すでに日本を出発してから四週間近くが経っているらしい。

まだ、赤ん坊がスタンド使いである、確証が持てない花京院。

しかしそんな中、襲ってきたサソリを、安全ピンを使って始末したところを、

花京院に目撃され、普通じゃあない赤ん坊を問いただそうとするものの、

ジョセフには相手にされないのです。


自分の腕の傷を見せつけ、それが夢の中のメッセージである、

という事を証明しようとするものの、

それが自傷行為と思われてしまいます。

#320 (1)

強行手段を取って、赤ん坊を直接攻撃しようとしたところ、

彼はスタンドを出したまま、気絶してしまうのでした。


そして何も知らないジョースター一行は眠りにつき、

死神13の夢の世界へと囚われてしまう事になるのでした。

#320 (4)

「花京院の言っていた事は本当だッ」


恐ろしい悪夢の世界に陥った事を実感するポルナレフですが、

この夢の中では、何でもやりたい放題の世界であり、

めちゃくちゃな常識でポルナレフ達は、

ただスタンドに襲われる事になってしまいます。


Bパート

今回のスタンドパラメータは、「死神13 -デスサーティーン-」。

#320_death13

『死神13 -デス・サーティーン-』本体-マニッシュボーイ
【破壊力-C / スピード-C / 射程距離-E / 持続力-B / 精密動作性-D / 成長性-B】

『能力』
夢の中に現れるスタンドで、夢の中にしか存在できない。
この異形の夢の空間は、本体である赤ちゃんが見ている夢であるらしく、
標的をその夢の中に引き入れて、その世界では何でもし放題、
と、無防備な精神を攻撃してくるスタンドなのです。
しかも、夢の中で見たことは忘れてしまっているのです。
花京院が夢の中の出来事を覚えて目が覚めたのは、
スタンドを出せていたことと、精神的に打ち勝ったから?なのでしょうか。

『能力特化型』
夢の中にしか現れる事がないスタンド。
夢に相手を連れ込まないと攻撃もできないため、
能力に特化していると言えるでしょう。
また、本体の赤ん坊は眠っていなくても、夢の中が見えるようです。


今回はその正体が判明しています。


夢の中でスタンドは出せない、はずが、

承太郎の星の白金は出現。しかし勝手に承太郎を攻撃し、

それは偽物でただのまやかしなのでした。

でも、眠った時にスタンドを出していれば、

一緒に持ち込めるとのことですが、


そこを襲ってきたのは、花京院の法皇の緑なのでした。

彼は死神13を捕まえ、

「さあ、お仕置きの時間だよ、ベイビー」

いよいよ動きが取れないこのスタンドを倒そうと動きます。

しかし赤ん坊だからと、手加減をしていると思われ、

死神13はその大鎌で、法皇の緑ごと、自分の胴体ごと切断してしまう、

という行為に出ます。


死神13のスタンドは頭と腕しかないスタンドだったようですが、

花京院もスタンドをほつれさせており、

耳から死神13の体内に潜り込んでいる所なのでした。

結局、体内に潜り込まれたところを、

死神13が降伏することでこのスタンドとの対決は決着がつきました。


翌朝、一人早く起きていた花京院は、

昨晩まで起きていた事が嘘であるかのように振る舞い、

ただ、自分は昨晩見た夢の事は覚えていると、

赤ん坊だけには堂々と振る舞い、罰を与えるのでした。



Cパート

今回のスタンドパラメータ2つめは、「法皇の緑」

そして何話ぶりかのCパート。

サウジアラビアを横断したジョースター一行は、紅海に入り、

どうやらジョセフは、ある人物に会うため、

とある島に寄り道をするというのです。


このエピソードの見どころ
「夢の中でのスタンドの決着」


#320 (5)

夢の中にスタンドも持ち込めず、またその世界では何でもし放題、

という状況で果たしてどのように戦っていくのか。

全く対策が無いままで、夢の中で襲ってくることを知っているのは、

花京院だけ。という状況ながらも、これを突破していく、

夢の中での逆転劇が今回の見所でしょう。

あくまで夢の中で襲われるというだけで、

本体は赤ん坊でしかないのでね。

また、現実世界にスタンドを出して、それを戦わせる、

ということも不可能な模様。


次回は、第21話「審判 -ジャッジメント- その1」。

インドで死亡したアヴドゥルに関わるエピソード。

彼と関わりあいのある島を舞台に、

何でも願いを叶えてくれるスタンド、「審判-ジャッジメント-」

にポルナレフが願うのは―?


「死んだ人間を…、生き返らせる事は、できるのか…?」
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。