トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
45:-
by on 2014/09/02 at 14:51:19

管理人の承認後に表示されます

トラックバック送信先 :
コメント

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第22話 「審判 -ジャッジメント- その2」

#322 (2)

「「審判」のカードのカメオとかいったな。
こいつをやっつけるのが先決だ!
地獄を! きさまに! HELL 2U!」

―モハメド・アヴドゥル


ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース
第22話 「審判 -ジャッジメント- その2」 2014/8/29現行放送



願いを土から叶える。しかしそれはまがい物であり、

自分が生き返らせてしまった、妹の偽物に襲われ、

ても足も出なくなってしまったポルナレフ。

絶体絶命の状況の中、スタンド、審判-ジャッジメント-のカメオは、

ポルナレフの第3の願い、アヴドゥルをも生き返らせてしまいます。

もちろんそれも土から作り出された偽物なのです。


Aパート

#322 (4)

ポルナレフの体を喰らえば、崩れた体が元通りになると、

妹と、アヴドゥルの偽物に襲われるポルナレフは、

スタンドを出すことも忘れていた。

のですが、チャリオッツもカメオに捕まえられてしまい、

もう襲われるというだけになってしまうのです。


そんな時、ポルナレフを救ったのは、

まさかのもう一人のアヴドゥル―?

そのもう一人のアヴドゥル。それは土からの偽物ではなく、

死んだはずの本物なのでした。

彼は自分の土人形を、魔術師の炎で粉砕し、ポルナレフを救い出します。

「YES! I! AM! チッチッチッチ!」

敵スタンドのカメオをも驚愕させたアヴドゥルは、

実は、ホル・ホースの弾丸が頭をかすめただけで、

生存していたのでした。

「地獄を!きさまに! HELL TO YOU!」


Bパート

今回のスタンドパラメータは「審判-ジャッジメント-」のカメオ。

#322 (1)

『審判 -ジャッジメント-』本体-カメオ
【破壊力-B / スピード-B / 射程距離-C / 持続力-B / 精密動作性-D / 成長性-D】

『能力』
さながらランプの魔神のようにランプから現れ、
自分を呼び起こした者の願いを3つだけ叶えるという能力。
しかしそれは土から投影した偽物であり、
死者を生き返らせようものならば、ゾンビのように襲い掛かってくる。
まやかしを生み出すスタンドです。

『近距離パワー型』
土から願いを生み出してしまうだけではなく、
接近してのパワーも強く、相手のスタンドを押さえつけ、
一方的に死者に襲わせてしまう事もしてのけます。
パワーは、銀の戦車より上で、魔術師の炎より下くらいの模様。



「モハメド・アヴドゥルが生きている」
この悪いニュース、早いとこDIOのヤツや、仲間のスタンド使いどもに、
知らせなくてはいけないんじゃあないか?」



しかしカメオのスタンドは、なかなかに強いパワーを持っており、

魔術師の炎-マジシャンズレッド-でも、

苦戦しそうなパワーを持っていたのでした。

ですがアヴドゥルは、

#322 (3)

「3つの願いを4つにしてくれ。
いやだというのか、カメオッ! きさまがいいだしたのだ!
約束は守ってもらうぞ!!

第一の願いは貴様に「痛みの叫び」を出させること。
そして第2の願いはッ! 「恐怖の悲鳴」をあげさせること。
さらに第3の願いは! 「後悔の鳴き声」だッ!」


アヴドゥルは治ったばかりの傷をかばっていたため、

本気ではなく、あっという間に、この審判のスタンドを撤退させるのでした。


近距離型のスタンドなのは明らかで、

本体のカメオは近くにいるはずと、様子をさぐると、

怪しい空気穴を発見します。


妹の事まで利用されたとポルナレフは憤慨し、

アヴドゥルは、男の友情をしてやることに決め、


ひどい目に合わされたカメオは、命乞いをするものの、

アヴドゥルによって、

再起不能にさせられてしまうのでした。


Cパート

2つ目のスタンドパラメータは、復帰したアヴドゥルの魔術師の炎。

アヴドゥルが生きていた事に歓喜し、

ジョセフ達を驚かせようとしたポルナレフでしたが、

何とジョセフ達はそれを知っていたらしく、

口を滑らせそうなポルナレフには嘘をつき、黙っていたとの事でした。


頭にきたポルナレフでしたが、

アヴドゥルはエジプト上陸のため、こっそりアラブの大金持ちを装い、

ある買い物をしていたというのです。


「せ…、潜水艦…? ここまで買う…?」


このエピソードの見どころ
「生きていたアヴドゥルの再戦」


#322_1 (2)

モハメド・アヴドゥルが生きていた。

これがこのエピソードでもっとも重要な点でしょう。

落ち込んでいた所を襲われ、絶体絶命のポルナレフを救った彼は、

再び熱血漢の頼りある姿として、審判-ジャッジメント-のスタンドを、

まやかしとともに粉砕します。

これは、ジョセフ達が黙っていた事もあるのですが、

再びの仲間の合流とともに、いよいよエジプトへと上陸することになります。



次回は、第23話「女教皇 -ハイプリエステス- その1」。

次回のエピソードが二話構成になるのは少し意外ですが、

ちょうど24話/25話で、エジプト9栄神編に入るからでしょうか。

潜水艦でエジプトへ上陸する事になるジョースター一行を、

今度は海中という密閉された空間で、新たなスタンドが襲いかかります。


そう言えば、この辺りから、1つのスタンドとの対決が、

だんだんと長く、しっかり描かれるようになってきているので、

エジプト上陸後も、1スタンドに対し、2話構成になるでしょうね。
スポンサーサイト
トラックバック
45:-
by on 2014/09/02 at 14:51:19

管理人の承認後に表示されます

トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。