トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

遊戯王デュエルモンスターズ 第76話 「届け! 友情の真紅眼の黒竜」

#076 (1)

遊戯王デュエルモンスターズ バトルシティ予選編
第76話(シリーズ通話第76話)「届け! 友情の真紅眼の黒竜」
2001/10/9 現行放送



城之内と望まぬデュエルをする事になってしまった遊戯。

マリクに洗脳されている城之内は、

直接遊戯にダメージを与える、直接攻撃魔法を次々と仕掛けてきて、

精神的にも遊戯を追い詰めていくことになるのでした。


武藤遊戯【ブラック・マジシャン】VS 城之内克也【戦士族+直接攻撃デッキ】

#076 (4)

城之内の目を覚まさせるために、

そして彼とこんな形でデュエルをすることの苦しみを減らすために、

表人格の遊戯が出る事を望みます。

マリクにとっては、この器でしかない遊戯は、

本来の目的ではなく、苦い思いをさせられます。


その頃、城之内の妹の静香を連れてきていた本田は、

こちらでもマリクの部下に狙われる事になり、

静香を守りながら戦う本田を救ったのは、あの御伽。


遊戯は、「真紅眼の黒竜」ならば、城之内の魂のカードとして、

心を取り戻せるだろうと思い、

このカードを切り札とします。


遊戯は「エクスチェンジ」のカードを使い、

互いのカードを交換しようとします。

この時、手札を見せた遊戯は、そこに「真紅眼の黒竜」があることを、

城之内へと見せるのでした。


本来ならば、「エクスチェンジ」の効果で、

強力な「真紅眼の黒竜」を奪うところですが、

それを拒絶した城之内の心は別のカードを奪ってしまうのです。

城之内の心を確かめた遊戯は、ここで「真紅眼の黒竜」を召喚するのでした。


城之内が洗脳の命令に従わなかった事に怒りを感じるマリク。

「真紅眼の黒竜」の攻撃ならば、眼を覚まさせるのか、

自分の力でだけで、城之内を取り戻すと決心した表人格の遊戯は、

闇人格の遊戯とは離れますが、

今の城之内のデッキにはモンスターは必要ないと、

再びファイヤーボールで直接ダメージを与えてきます。


遊戯は、自分の決意表明のためか、

マリクに洗脳されている城之内に千年パズルを渡してしまい―。


このエピソードの注目点
“遊戯が望む切り札”


#076 (2)

マリクに洗脳されている城之内には、何を言っても通じない。

そこで遊戯は、「真紅眼の黒竜」を使って、

心を取り戻そうとするデュエルをします。

魂のカードというものが重要になるこのデュエルで、

再び友情は取り戻せるのでしょうか。


このエピソードの注目カード

「エクスチェンジ」 -Exchange-

通常魔法

「お互いのプレイヤーは手札を公開し、
それぞれ相手のカード1枚を選んで自分の手札に加える。」



『遊戯王デュエルモンスターズ5 エキスパート1』付属カードで登場。

お互いの手札を公開して1枚ずつ手札を交換する。

という特殊な魔法カードですが、

これはメタカードを狙って、サイドデッキに投入するのが目的で、

特にミラーマッチなどで効果を発揮します。


相手のキーカードを奪って、自分のコンボを決めやすくするなど、

コンボの妨害をすることができ、

「マインドクラッシュ」「異次元の指名者」といった同質のカードと、

合わせることでも効果を発揮します。


ただ、ミラーマッチなどの出来事がなければ、

よほどのことがなければ使われる事が無いカードです。

それでも、魔法・罠カードとして初めてアルティメットレア仕様となった、

という歴史もあるのです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。