トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

遊戯王デュエルモンスターズ 第77話 「絶望へのカウントダウン」

#077 (2)

遊戯王デュエルモンスターズ バトルシティ予選編
第77話(シリーズ通話第77話)「絶望へのカウントダウン」
2001/10/16 現行放送



城之内との望まぬデュエルは、

遊戯の表人格が出て、城之内の目を覚まさせるという展開になりました。

しかし城之内の直接攻撃魔法カードに、

遊戯はどんどんライフを削られてしまいます。


武藤遊戯【ブラック・マジシャン】VS 城之内克也【戦士族+直接攻撃デッキ】

#077 (4)

自らが「真紅眼の黒竜」を召喚することで、城之内の眼をさまさせる。

という行動に出たものの、

城之内は、「真紅眼の黒竜」の攻撃力にダメージを与え、

次々と遊戯を追い詰めていく始末。

千年パズルを預けてしまった遊戯は、闇人格と離れ、

城之内を取り戻そうとします。


マリクの命令で千年パズルを破壊しようとする城之内ですが、

それをすることができない城之内。

操られつつも正々堂々とデュエルをしようとする彼。


遊戯は、「磁石の戦士β」を召喚し、ようやく攻撃態勢に入りますが、

城之内は、またマリクの命令に反して、

「磁石の戦士β」を攻撃し、それが罠カード「マジック・アーム・シールド」

によって「パンサー・ウォーリアー」に向かっていってしまいます。


続いて遊戯がリリース召喚したのは、「暗黒魔族ギルファー・デーモン」

これによって、厄介だった「ロケット戦士」も破壊され、

一時は凌がれたようですが―。


一方、本田と城之内の妹の静香、御伽はグールズに追われていたところ、

あのデュエリストの舞の車に救出されます。

城之内がドミノ埠頭にいることを、グールズから聞き出した本田達は、

舞の車で彼等もそこへと向かうのです。


マリクはいい加減城之内が言う事を聞かないため、

時限装置作動まで何もしない、引き伸ばす作戦を考えます。

そうであっても城之内は、「悪魔のサイコロ」「天使のサイコロ」を利用し、

デュエルを続行。


「悪魔のサイコロ」と「天使のサイコロ」の二つを使う、

城之内らしい戦法でしたが、遊戯の「魔法除去」によって、

これを防がれるのです。


そこへと丁度、本田や、城之内の妹の静香がやってくるのです。

そしてデュエルを続ける城之内が引いたカードは、

「デス・メテオ」これさえ使ってしまえば決着が着いてしまうのですが―。

このエピソードの注目点
“消耗戦”


#077 (3)

遊戯と城之内のデュエルは消耗戦へ。

ここで城之内がマリクの言う事を聞いてしまっていたら、

かなり早々に決着がついてしまうところですが、

このデュエルは、心を取り戻すためのデュエルなので、

そう簡単に決着もつくわけがないのです。


このエピソードの注目カード

#077 (1)

「真紅眼の黒竜」 -Red-Eyes B.Dragon-

Lv.7/闇属性/ドラゴン族

ATK 2400/DEF 2000

真紅の眼を持つ黒竜。
怒りの黒き炎はその眼に映る者全てを焼き尽くす。



『第1シーズン』『Vol.3』で登場した、

闇属性、ドラゴン族の最上級モンスターで、

シリーズを代表するカードの一枚。

同じ属性、同じ種族の最上級通常モンスターには、「トレード・イン」に、

対応できる「トライホーン・ドラゴン」もいますが、

この「真紅眼の黒竜」には専用のサポートカードが豊富に存在し、

またレベル7であるために、シンクロ素材にできます。


ATK 2400が少し力不足な感じがしますが、

手札からは、「黒竜の雛」「古のルール」「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」

などにとる特殊召喚ができる事や、闇属性であるということ、

そして、レベル7のエクシーズ召喚などを狙う事になるでしょう。


また、「真紅眼の黒竜」の系列の様々なモンスターがいるので、

これらを生かした活動をさせることによって、

より効率的な動きをしていく事ができるはずです。

ドラゴン族デッキというよりも専用のデッキが必要になると思われます。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

リンク

プロフィール

エックス

Author:エックス
ウェブコンサルタント
(文章クリエイター)
研究者
(物理、数学、史学)

基本、日記はレビューが主になっています。
いい加減な感想などを書きたくなくて、
私自身も本気で見ているドラマや映画ばかりなので、
熱くて長いレビューになったりしています。

現在は、海外ドラマは『24-TWENTY FOUR-』『PRISON BREAK』
アニメは『プリキュア』などのレビューになっています。

昼間は、お仕事と、
大学時代から引き続き物理、数学の研究。
また、歴史(中国・三国時代史他)の研究。

夜は、アイドルマスターのプロデューサー、もしくはドリームクラブです。

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

最新の記事

月別アーカイブ

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。